オンライン英会話ランキング2020 | 元英語講師のおすすめはコレ!

オンライン英会話ランキング

はじめまして。Yosukeです。

私は英会話スクールで講師として働いておりました。

このサイトでは、元英語講師としての立場から、
おすすめのオンライン英会話を紹介
します。

  • オンライン英会話に興味があるけど何を基準に選んだらいいか、わからない
  • 料金が低めで質が高いところがいい
  • 一番良いオンライン英会話を選びたい

という方は、ぜひ参考にされてください。

子供向け又はビジネス向けでお探しの方は、目次からクリックして飛んでください。

オンライン英会話を選ぶ際の3つのポイント

3本の指

オンライン英会話を選ぶ時に
特にチェックすべき点は3つあります。

  1. 予約は取りやすい?
  2. 講師の質は良い?
  3. 料金は高くない?

 

(1)予約は取りやすい?

予約

まず、予約の取りやすさです。

英会話教室ではなくオンライン英会話を選ぶメリットは、
いつでもどこでもレッスンを受けられることだと思います。

しかし、実際には、
レッスンを受けたい時間帯に全然予約が取れないようなスクールも結構あります。

なぜそのような事態になるか?といえば、
講師の数が少ないからです。

たとえば、生徒が100人いるのに先生が10人しかいなかったら、
すぐに予約が埋まってしまいますよね。

予約が取りやすいところを選ぶには、
講師数が極端に少ないところは避けましょう。

 

(2)講師の質は良い?

アジア人女性の講師

講師の質は非常に重要です。

オンライン英会話の講師の質はピンキリです。

教え方が下手なだけでなく、やる気がないような講師もいます。
そんな講師に当たってしまったら最悪ですよね。

 

講師の質を判断するポイントは

  • 適切なトレーニングを受けているかどうか?
  • 採用基準が厳しいかどうか?

です。

いくら英語が話せるからといって、教えるのが上手いとは限りません。

英語を教えるにはスキルがいります。

そこで、オンライン英会話の運営会社の一部では、
講師になるためのトレーニングを設けていたり、
あるいは、経験者・有資格者しか採用しないなど
厳しい採用基準があったりします。

そのようなところであれば安心ですよね。

 

補足:講師はネイティブがいいの?

欧米人の集団

※講師の質についての補足です。

 
オンライン英会話の講師には大きく分けて

  • フィリピン人講師
  • ネイティブ講師

の2種類がいます。

あなたは「ネイティブ講師の方が質が良い!」と思っていませんか?

 
私はネイティブじゃなくてもいいと考えます。

 
たしかにネイティブの方が発音がきれいだったりとメリットがあるのは事実です。

しかし、ネイティブ講師はレッスン料が非常に高いという大きなデメリットがあります。

どのくらい高いかというと、
ネイティブ講師の料金はフィリピン人講師のします。

それだけの価格差をもってしてもネイティブを選ぶ価値は、
あまりないと思います。

ネイティブでも教え方が下手な講師はたくさんいますし、
フィリピン人でも教え方が上手で発音がきれいな講師もたくさんいます。

私自身、何人かフィリピン人講師のレッスンを受けましたが、
きれいなアメリカ英語を話す人もいました。

結局のところ、その人次第なので、
フィリピン人だから質が悪くてネイティブが質が良いというわけではありません。

特にこだわりがなければ、フィリピン人講師でOKです。

 

(3)料金は高くない?

お財布とスマホ

最後に、料金が高くないか?です。

いくら素晴らしいスクールであっても
料金が高ければ、続けるのが困難ですよね。

英会話は継続しなければ力はつかないので、
なるべく料金がリーズナブルなところがいいです。

 

さきほど言いましたように、
フィリピン人講師だと安く、ネイティブ講師だと高いです。
(ネイティブは料金が3倍近くします。)

コストを考えると、フィリピン人講師がメインのところを選ぶのがいいです。

(もちろん、ネイティブの発音を身につけたいなど、はっきりした目的があれば、
料金は高くなりますが、ネイティブ講師を選んでもいいと思います。)

 

オンライン英会話の選び方 まとめ

チェックマーク

まとめます。

  • 講師の数が極端に少ないところは予約が取りづらいので避ける
  • 講師の質は、トレーニングを受けているか?採用が厳しいか?で判断できる
  • ネイティブよりフィリピン人講師の方が料金が安い

 

特に大事なのが予約の取りやすさと講師の質です。

大手のオンライン英会話であれば、
講師数が多いので予約が取りやすいです。

さらに、大手の場合は、トレーニングが必須であったり、
講師の採用が厳しかったりするので、講師の質もちゃんと確保できています。

ですから、大手を選べば失敗しずらいといえます。

 

【総合】オンライン英会話ランキング

ランキング

それでは、ここまでの基準をもとに、
おすすめのオンライン英会話をランキング形式で紹介します。

※総合ランキングは、主に初心者~中級者で英語を話せるようになりたい人を
対象としています。
※料金は税込です。

 

1位:レアジョブ

レアジョブ

  • 講師数:約5,000人
  • レッスン時間帯:朝6時~深夜1時
  • 講師の特徴:全員フィリピン人講師。採用基準が厳しいうえにトレーニングが必須なので、質が高め。
  • 料金月8レッスン月額4,620円※最安値、1日1レッスン月額6,380‬円~
  • 対象レベル:初級者~上級者

 

おすすめ1位がレアジョブです。

大手としては料金が安いことが一番の魅力です。

たとえば、DMMは月6,480円からですが、
レアジョブの場合は月4,620円からコースがあります。
(これは大手としては最安値。)

なるべく安くはじめたい人にはうれしいですよね。

 

安いだけでなく、質が高いです。

まず、予約が取りやすいです。

小規模のスクールですと、料金が安くても、
講師の人数が少ないので、予約が取りにくいことがあります。

その点、レアジョブは、講師数は5,000人と非常に多く、
さらに朝から晩まで開講している
ので、予約が取れないことはありません。

 

また、講師の質が高いです。

レアジョブの講師になるには、厳しい審査をパスしたのち、
トレーニングを受けなければいけません。

講師の質は、一定以上は確保されています。
(実際、私はレッスンを受けたことがありますが、
発音がよく、教え方が上手かったですよ。)

 

以上のように、料金が一番安いだけなく、質が高いことから
レアジョブが最もおすすめ
です。

今なら無料体験レッスンが2回受けられるので、試してみてはいかがでしょうか。

 

 

2位:DMM英会話

DMM英会話

  • 講師数:約6,000人
  • レッスン時間帯:24時間
  • 講師の特徴:フィリピン人を中心に多国籍な講師が在籍。厳しい採用基準があり、質が高め。
  • 料金:1日1レッスン月額6,480円~(ネイティブ講師の場合は15,800円~)
  • 対象レベル:初級者~上級者

 

次におすすめなのがDMM英会話です。

特徴を一言でいえば、コスパがいいです。

  • 予約が取りやすい
  • 講師の質が確保されている

この点においては、さきほどのレアジョブと同じです。

違うのは、

  • フィリピン人だけでなく、色々な国の講師がいること
  • ネイティブ講師のコースもあること
  • 24時間レッスンを受けられること

この3点です。

レアジョブはフィリピン人だけでしたが、
DMM英会話の場合は、様々な国の講師がいます。

色々な国の人と英語で話してみたい人には、おすすめです。

もちろん、アメリカ・イギリスなどのネイティブ講師もいます。

料金は割高にはなりますが、ネイティブ講師を指名することも可能です。

また、24時間レッスンが受けられるのも便利です。

これだけ豊富なサービスをそろえていながら料金が比較的安いので、
コスパは非常に高い
といえます。

 

 

3位:産経オンライン英会話

産経オンライン英会話

  • 講師数:約400人
  • レッスン時間帯:朝5時~深夜1時
  • 講師の特徴:全員フィリピン人講師。厳しい採用基準があり、質が高め。
  • 料金:1日1レッスン月額6,090円~
  • 対象レベル:初級者~上級者

 

産経オンライン英会話は、
質と価格のバランスが取れたスクールです。

予約が取りやすく、講師の質が高い。
それでいて、料金は安い
です。

また、大企業のフジ産経グループが運営しているので、
安心感があります。

 

では、なぜ3位なのか?というと、
レアジョブやDMM英会話には一歩およばない部分があるからです。

レアジョブと比較すると、料金の安さでやや劣ります。

DMMと比較すると、講師のバリエーション、受講できる時間帯で劣ります。
(DMMは多国籍講師で、24時間レッスン可能。)

つまり、他と比較すると、この順位になってしまうのであって、
大きな欠点があるわけではありません。

優良なスクールです。

候補の1つとして入れていいかと思います。

 

 

 

4位:ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ

  • 講師数:約7,000人
  • レッスン時間帯:24時間
  • 講師の特徴:フィリピン人を中心に多国籍な講師が在籍。
  • 料金:回数無制限で月額6,480円~
  • 対象レベル:初級者~上級者

 

ネイティブキャンプの特徴は、何といっても、
回数無制限でレッスン受け放題なこと。

しかも、予約不要でレッスンを受けれます。

それでいて料金は他のスクールと同じくらいなので、
かなりお得といえます。

 

では、なぜ4位なのか?というと、
ネイティブ講師、人気講師は予約なしではレッスンを受けれない
といった口コミを結構みかけたからです。

ネイティブキャンプという名前ながら、実際にはネイティブ講師は少数なので、
人気が集中して予約なしではレッスンを受けれません。

しかも予約をするには別料金が発生するので、
結果的にコストがかかります。

 
このようなデメリットはありますが、
やはり回数無制限というのは非常に魅力的です。

上手く使いこなすことができれば、コスパは最強だと思います。

 

 

5位:vipabc

vipabc

  • 講師数:約30,000人
  • レッスン時間帯:24時間
  • 講師の特徴:すべて英語指導の資格保持者。ネイティブ8割。
  • 料金:週1レッスン月額11,750円~
  • 対象レベル:初級者~上級者

 

vipabcの特徴を一言でいえば、質が高い

まず、講師全員がTEFL・TESOLという国際的に認められている英語指導資格を持っています。

くわえて講師のほとんどがネイティブ出身。

講師の質は、非常に高いといえます。

 

また、レッスンの質も高いです。

教材の数は10万以上あり、そのなかから
自分のレベル・目的にあったものを選び、カリキュラムを組みます。

通話はスカイプではなく、vipabc独自のシステムを使用。

画面上にテキストが表示され、黒板に板書をしているような形で
レッスンを受けることもできます。

さらに、レッスンは録画され、あとで復習することも可能。

 

講師・レッスン両方とも
非常にクオリティーが高いです。

ただ、質が高い分、料金もお高い・・・。

一番安いプランでも月11,500円します。

オンライン英会話としては高い部類に入ります。

料金は高くてもいいから質の高さを優先したい人にはおすすめです。

 

【総合】オンライン英会話ランキング まとめ

 

ここで挙げたスクールを比較表にまとめました。

 

 予約の取りやすさ講師の質料金特徴
レアジョブ月4,620円~安い。質が高い。
DMM英会話月6,480円~豊富なサービス。コスパがいい。
産経オンライン英会話月6,090円~質と価格のバランスが取れている。
ネイティブキャンプ月6,480円~回数無制限。上手く使えばコスパ最強。
vipabc月11,500円~質は高いが、料金も高い。

 

レアジョブ・DMM英会話・産経オンライン英会話は、
質・料金はほとんど変わりません。

レアジョブが、やや安いといった感じでしょうか。

ネイティブキャンプは、回数無制限でコスパ最強なんですが、
さきほどの3社に比べると、ややクオリティーが劣ります。

vipabcは質が高いですが、料金も高いです。

 

総合的にみると、やはりレアジョブが一番です。

一番安いコースがありますし、オンライン英会話最大手なので安心感が違います。

  • オンライン英会話がはじめてである
  • なるべく安い方がいい

のであれば、レアジョブがおすすめです。

 

 

【子供向け】オンライン英会話ランキング

可愛いアルファベット

ここからは、お子さん向けのオンライン英会話です。

英語が小学校から必須になったりと、
以前にもまして英語教育が重要視されています。

「ウチのこどもに英会話を習わせたい」と考えている
親御さんは多いのではないでしょうか。

ここでは、子供に安心して受けさせられる、
おすすめのオンライン英会話を紹介します。

 

1位:リップルキッズパーク

リップルキッズパーク

  • 講師の特徴:全員フィリピン人講師。採用基準が厳しいうえにトレーニングが必須。
  • レッスン時間帯:朝7時~夜10時半
  • 料金:週1レッスン月額3,122円~
  • 対象年齢:3歳~中学生

 

おすすめ1位はリップルキッズパークです。

何といっても料金が安いです。

子供向けのオンライン英会話だと、どうしても
大人向けよりも割高になってしまうことが多いです。

しかし、リップルキッズパークの場合、月約3千円からなので、
子供向けとしては安いです。

 

また、安いだけでなく、サービスの質もすばらしい

全体的に講師の質が高く、優しくて教え方がうまい先生が多いです。

さらに、お子さん1人だけでなく、
兄弟姉妹・親もレッスンを受けることができます

子供だけでなく自分も英語をちょっと習ってみたい方には
ピッタリです。

 

子供向けオンライン英会話は他にもいろいろありますが、
サービスの質と料金を考えると、リップルキッズパークが一番いいです。

無料体験レッスンが2回受けられるので、
試してみてはいかがでしょうか。

 

 

2位:DMM英会話

DMM英会話

  • 講師の特徴:フィリピン人を中心に多国籍な講師。ネイティブ講師も在籍。
  • レッスン時間帯:24時間
  • 料金:1日1レッスン月額6,480円~(ネイティブの場合は月額15,800円~)
  • 対象年齢:幼稚園生~中学生

 

DMM英会話は

  • 1レッスンあたりの料金が安い
  • ネイティブ講師のコースがある

この2点が特徴です。

まず料金についてですが、
さきほどのリップルキッズパークは週1回で月3,122円でしたが、
DMM英会話は毎日受けられて月6,480円です。

1レッスンあたりの料金では、DMMの方が安いです。
(ただし、週1回程度しか受けない場合は元を取れず、かえって割高になります。

 

また、子供向けオンライン英会話では珍しく、
ネイティブ講師がいることも特徴的です。

子供にネイティブの発音を身につけさせたい場合は、
やはりフィリピン人よりもネイティブの方がいいでしょう。

DMMの場合はネイティブ講師限定のコースもあるので、
ネイティブの先生がいい場合はピッタリです。
(ただし、料金は高くなります。)

  • なるべくたくさんレッスンを受けさせたい
  • ネイティブ講師がいる方がいい

という方に、おすすめです。

 

 

3位:グローバルクラウン

グローバルクラウン

  • 講師の特徴:全員バイリンガルの日本人講師。
  • レッスン時間帯:月〜金15:00~21:00 日曜10:00〜15:00
  • 料金:週1レッスン月額9,800円~
  • 対象年齢:3歳~小学生

 

いきなり外国人の先生だと不安・・・
という方にはグローバルクラウンがおすすめです。

グローバルクラウンの講師はすべてバイリンガルの日本人

英語も日本語もできるので、
いざ困った時は日本語で対応してもらえます。

これなら、親がいない時も1人で安心して受けることができますね。

 

ただし、デメリットもあります。

まず予約ではなく、日時固定制であること。

予約制ではなく、あらかじめ決めた日時にレッスンを受けるシステムです。

たとえば、金曜の5時からというように決めたら、
後からコロコロ変えることはできません。
(振替はできます。)

また、他のスクールに比べて、料金が高めです。

このようなデメリットはありますが、
やはり日本人講師ならではの安心感がありますので、
検討する価値はあります。

 

 

【子供向け】オンライン英会話ランキング まとめ

 

上記3社を比較表にまとめました。

 

 講師料金特徴
リップルキッズパークフィリピン人月3,122円~安い。質が高い。親・兄弟も受講可能。
DMM英会話フィリピン人+ネイティブ月6,480円~安い。ネイティブ講師のコースもあり。
グローバルクラウン日本人(バイリンガル)月9,800円~数少ない、日本人講師限定のスクール。

 

料金でいえば、

  • 週1回のレッスンなら、リップルキッズパークが安い
  • 週3回以上レッスンを受けるなら、DMM英会話が安い

ということになります。
(グローバルクラウンは料金高めです。)

また、講師の国籍についていえば、

  • 特にこだわりがなければ、リップルキッズパークまたDMM英会話
  • ネイティブがいい場合は、DMM英会話
  • 日本人がいい場合は、グローバルクラウン

となります。
(ただし、ネイティブや日本人の講師だと、
料金がかなり高くなってしまいます。)

このような違いはありますが、
おそらくほとんどの方は週1~2回程度で考えているでしょうし、
先生の国籍にこだわりがあるわけではないと思います。

総合的にみて、多くの方におすすめできるのは、やはりリップルキッズパークです。

 

 

【ビジネス向け】オンライン英会話ランキング

外国人ビジネスマンたち

ここからは、ビジネス向けのオンライン英会話です。

日常会話ではなく、ビジネス英会話を学びたい!
という方もいるでしょう。

通常のオンライン英会話でもビジネス英会話に対応していることが多いですが、
その中でも特におすすめのものを紹介します。

 

1位:Bizmates

Bizmates

  • 講師の特徴:ビジネス経験のあるフィリピン人講師。
  • レッスン時間帯:朝5時から深夜1時
  • 料金:1日1レッスン月額12,100円~
  • 対象レベル:初級者~上級者

 

ビジネス向けのオンライン英会話で一番おすすめなのが
Bizmates(ビズメイツ)です。

Bizmatesは、数少ないビジネス専門のオンライン英会話スクールで、
とにかく質が高いです。

まず、講師ですが、全員ビジネス経験がある講師を採用しています。

日常会話とビジネス会話は違いますから、
いくら英語を話せる講師でも実務経験がなければ、
本当の意味でビジネス英語を知っているとは言えません。

一方で、Bizmatesでは、講師全員がビジネスの現場で
英語を使ってきた経験があるので、
”生きたビジネス英語”を学ぶことができるんです。

 

次に、カリキュラムですが、
レベル別・目的別に細かくカリキュラムが設定されています。

初級者はもちろん、ある程度英語ができる中級者・上級者にも対応しています。

さらに、面接対策、Eメール添削、プレゼン予行などの実践演習もあります。

ビジネス専門のスクールだけあって、カリキュラムの充実度は群を抜いています。

 

このように、講師・カリキュラムいずれも非常に質が高いのが
Bizmatesの特徴です。

普通のオンライン英会話に比べると、やや料金は高くなってしまいますが、
本気でビジネス英語をマスターしたいなら入る価値はあると思います。

 

 

2位:レアジョブ

レアジョブ

  • 講師の特徴:フィリピン人講師(全体の上位10%の認定講師)
  • レッスン時間帯:朝6時~深夜1時
  • 料金:1日1レッスン月額10,780‬円
  • 対象レベル:初級者~上級者

 

オンライン英会話最大手のレアジョブにも
ビジネス英会話専門のコースがあります。

レアジョブの場合はコスパがいい

講師・レッスンの質が高いわりに、
料金がそれほど高くありません。

レアジョブの講師はもともと質が高いですが、
ビジネスコースでは、その中でも特に優秀な、
上位10%の講師を選んでいます。

また、カリキュラムもレベル別に分かれており、
申し分ありません。

 

とはいえ、1位のBizmatesと比べると、やや劣る部分はあります。

Bizmatesはビジネス経験のある講師ですし、
カリキュラムの種類がもっと豊富
です。

しかし、それでもレアジョブが質が高いことに変わりありませんし、
料金はBizmatesより安いので、コスパは良いといえます。

 

 

3位:産経オンライン英会話

産経オンライン英会話

  • 講師の特徴:フィリピン人講師
  • レッスン時間帯:朝5時~深夜1時
  • 料金:1日1レッスン6,090円
  • 対象レベル:初級者~上級者

 

安さで選ぶなら、産経オンライン英会話です。

本格的なビジネス英会話コースがあるスクールとしては
一番安いです。(1日1レッスン5,980円~)

安いですが、講師とカリキュラムの質は悪くありません。

産経オンラインの講師は定評がありますし、
カリキュラムも初級から上級までわかれており
効率よく学べる内容となっています。

 

Bizmatesやレアジョブと比べると質は落ちますが、
とにかく安いところがいい方には、おすすめです。

 

 

 

補足:ネイティブ講師だと非常に高額になってしまう

クレジットカードと領収書

ここまで紹介したスクールはすべてフィリピン人講師です。

フィリピンは公用語の1つが英語なので流暢な人が多いですし、
また、英語は英米以外にも様々な国の人が話すので、
ネイティブにこだわる必要はないと私は考えます。

 

なにせネイティブ講師にすると、料金が跳ね上がってしまいます。

ネイティブ講師のビジネス英会話コースだと、
週2回程度のレッスンでも月2万円近くします。

フィリピン講師だと、毎日レッスンを受けられて
月1万円以下であることを考えると、非常に高額といえます。

オンライン英会話選びで大事なポイントの1つが「料金がお手頃であること」
だと思うので、あえてネイティブ講師のスクールを紹介しませんでした。

 

【ビジネス向け】オンライン英会話ランキング まとめ

 

上記3社を比較表にまとめました。

 

 講師の質カリキュラムの充実度料金特徴
Bizmates月12,100円~本格派のビジネス英語専門のオンライン英会話。質が高い。
レアジョブ月10,780‬円~講師・カリキュラムの質がよく、料金がおさえめ。コスパがいい。
産経オンライン英会話月6,090円~安い。

 

  • 講師の質とカリキュラムで選ぶなら、Bizmates
  • 安さで選ぶなら、産経オンライン英会話

となります。
その中間がレアジョブですね。)

 

ただ、ビジネス英語はキャリアに直結するスキルですから、
価格だけで決めてしまうのは、どうかと思います。

もしビジネス英語を習得できれば、
キャリアアップにつながり結果的に収入が増えるので、
十分もとは取れるのではないでしょうか。

ここは自己投資と割り切って、
ある程度、質が高いスクールを選ぶことをおすすめします。

質の高さでいえば、やはりBizmatesが一番です。

 

 
 

【TOEIC対策向け】オンライン英会話ランキング

TOEIC

「TOEICのスコアアップのためにオンライン英会話を受けたい!」
という人もいるでしょう。

ここでは、TOEIC915点の私が
TOEIC対策に向いているオンライン英会話を紹介します。

カリキュラムの充実度だけでなく、コスパも重視して
選びましたので、参考にされてください。

 

1位:ネイティブキャンプ

ネイティブキャンプ

  • TOEIC対策の特徴:スコアアップに直結する演習中心のレッスン。
  • レッスン時間帯:24時間
  • 料金:回数無制限で月額6,480円~
  • 対象レベル:中級者~

 
ネイティブキャンプは、とにかくコスパがいいです。

理由は回数無制限でTOEICの実践演習を受けられるからです。

 
ネイティブキャンプのTOEIC対策は、演習問題を解いた後に講師が解説するという
シンプルな内容となっています。

「え!?問題を解くのがメインなの?」と思うかもしれませんが、
短期間でTOEICのスコアをあげるには問題を解きまくるのが最も効率的です。

実際、私はわずか2か月でTOEICのスコアを200点アップしましたが、
その時やった勉強法は、ひたすら問題集を解くという極めてシンプルなものでした。

ネイティブキャンプのTOEIC対策も、ひたすら演習をするというスタイルなので、
短期間でスコアをあげやすいと思います。

 
もちろん、解いて終わりではなく、講師がしっかり解説してくれます。

  • なぜ問題を間違えたのか?
  • (リスニングでは)どこが聞き取れていないか?

について、しっかりフィードバックしてくれます。

これにより、問題の解き方のコツや自分の弱点がわかります。

スコアに直結する効率的なレッスンです。

 
さらに、回数無制限でレッスンを受けられるので、コスパはズバ抜けています。

TOEICのスコアを短期間であげたい!という方におすすめです。

 

 
 

2位:mytutor(マイチューター)

mytutor

  • TOEIC対策の特徴:レベル別・パート別に細かくカリキュラムを用意。TOEIC SWテストにも対応。
  • レッスン時間帯:15時~24時(土日11時~24時)
  • 料金:通常プラン月8回5,980円~
  • 対象レベル:初級者~

 
mytutor(マイチューター)は、一言でいって質が高いです。

 
まず、カリキュラムがレベル別・テーマ別に細かく設定してあります。

レベル別に500点目標・650点目標・800点目標と、
目標スコア別に分かれているだけでなく、
単語・文法を中心に学習するカリキュラム、実践演習が中心のカリキュラムなど
テーマ別にもカリキュラムが分かれています。

さらに、TOEIC SW(スピーキング・ライティングのテスト)にも対応

数あるオンライン英会話の中でTOEIC対策が一番充実していると思います。

 
ただし、他のオンライン英会話と比べると、やや料金が高いのがデメリットではあります。

ネイティブキャンプとレアジョブは1日1レッスンで月約6千円です。

対してマイチューターは月8回で5,980円、1日1レッスンで月15,980円です。

少々料金は高くてもいいから質が高いところがいい!という方には、おすすめです。

 

 

3位:レアジョブ

レアジョブ

  • TOEIC対策の特徴:文法・単語中心。レベル別のカリキュラムあり。
  • レッスン時間帯:朝6時~深夜1時
  • 料金:月8レッスン月額4,620円、1日1レッスン月額6,380円~
  • 対象レベル:初級者

 
レアジョブには、一番安い料金プランがあります。

レアジョブの料金は月8回のレッスンで4,620円、
これはTOEIC対策があるオンライン英会話としては最安値です。

 
TOEIC対策の内容は、文法・単語など基礎力に重点を置いている印象です。

どちらかというと初心者向きですね。

中級者以上の人には、あまり向いていません。

すでにTOEICの勉強をしたことがある人にとっては、やや物足りない印象があります。

 

  • TOEICが全くはじめての初心者である
  • なるべく安くはじめたい

という方には、おすすめです。

 

 

【TOEIC対策向け】オンライン英会話ランキング まとめ

 
以上3つのスクールを表にまとめました。

 

 料金特徴
ネイティブキャンプ月6,480円~(回数無制限)短期間でスコアを上げやすい演習中心の内容。レッスン受け放題でコスパがいい。
mytutor月8回5,980円~レベル別・テーマ別に細かく分かれたカリキュラム。指定の講師の予約を確保可能。質が高いレッスンを受けられる。
レアジョブ月8回4,620円~基礎力に重点を置いたカリキュラム。一番料金が安い。

 
まず料金について比較すると、
1レッスンあたりの料金は、ダントツでネイティブキャンプが安いです。
(なにせ回数無制限でレッスンを受けられますので。)

一番安い料金プランがあるのは、レアジョブです。
(ただし、月8回なので、1レッスンあたりのコスパは悪いです。)

 
次に、TOEIC対策の内容について比較すると、
一番充実しているのはmytutorです。

レベル別にみると、全くの初心者でしたらレアジョブ
ある程度勉強したことがある人はネイティブキャンプが向いています。
(mytutorは、どちらにも対応しています。)

 
人によってレベルや目的が違うので一概にはいえませんが、
TOEICのスコアに直結するという意味では、ネイティブキャンプが一番おすすめです。

 
TOEIC対策でスコアに直結するのは、問題演習です。

いくら単語を覚えて基礎力をつけたとしても
実際の問題が解けなければ、スコアはあがりません。

TOEICの問題が解けるようになるには、
問題演習を繰り返し、出題パターンを理解するしかないのです。

ネイティブキャンプのTOEIC対策では、ひたすら問題演習をしますので、
最もスコアアップにつながりやすく、おすすめ
です。

 

 
 

まとめ:目的・レベル別で選ぼう

ヘッドセットをつけた日本人女性

ここまでランキングで紹介してきましたが、
結局のところ、ご自分の目的あるいはレベルをもとに
決める
のが大事です。

たとえば「ちょっと英語を習ってみたいな~」という人が、
いきなり高額なスクールに入っても、料金が高いので長続きしない
かもしれません。

反対に、「将来、英語関係の仕事に就く」「留学予定がある」という人が
授業料が激安のスクールに入っても、講師やカリキュラムに物足りなさを
感じる
かもしれません。

最終的には、あなたの目的・レベルをもとに決められるのがいいでしょう。

以下にまとめておきますので、参考になさってください。

 

  • 全くの初心者だけど英語をちょっと習ってみたい人 → レアジョブ
  • 長いブランクがあるが英会話を再びはじめたい人 → レアジョブ
  • ネイティブから本格的に英語を教わりたい人 → vipabc
  • 子ども向けのオンライン英会話を探している人 → リップルキッズパーク
  • ビジネス英会話を習いたい人 → Bizmates
  • TOIECのスコアをあげたい人 → ネイティブキャンプ

 

もし候補のスクールが複数あって迷っている場合は、
いっそ気になるところの無料体験レッスンをすべて受けてみるのもアリだと思います。

実際のレッスンを受けてみないと、わからない部分はありますし、
自分との相性を判断できるはずです。

ここで挙げたスクールにはすべて体験レッスンがあります。

気になったら、気軽に無料レッスンを受けてみてはいかがでしょうか。

 

【総合】オンライン英会話ランキングへもどる

【子供向け】オンライン英会話ランキングへもどる

【ビジネス向け】オンライン英会話ランキングへもどる

【TOEIC対策向け】オンライン英会話ランキングへもどる

 

タイトルとURLをコピーしました