オンライン英会話の効果的な受け方は?元英語講師が教えます!

ヘッドセットをつけた女性オンライン英会話お役立ち情報

※この記事では、元英語講師である私がオンラインの英会話の効果的な受け方
教えます。

オンライン英会話は、ただやみくもにレッスンを受けただけでは、
思うように上達しない場合があります。

レッスンの受け方に気を付ける必要があるんです。

 
効果的な受け方のポイントは6つです。

オンライン英会話の効果的な受け方 6つのポイントとは?

赤ペンでチェックを入れる

効果的に受けるためには6つのポイントがあります。

  1. 予習・復習をきちんとやる
  2. 単語・文法・リーディングの勉強を並行しておこなう
  3. なるべくレッスンをたくさん受ける
  4. 自分にあった先生・スクールをみつける
  5. 初心者はフリートークは避ける
  6. 間違いを恐れずに、とにかく話す

 

予習・復習をきちんとやる

1つ目が、予習復習をおこなうことです。

 
フリートークでなければ、
今日やるレッスンの内容がわかります。

レッスン前にあらかじめ教材で内容を確認しておき、

  • わからない単語をチェック
  • (ディスカッションがあれば)自分の意見をまとめておく

といったことをしておきましょう。

レッスン中にわからない単語があれば教えてくれますが、
その都度、単語の意味を聞いていてはレッスンの時間が無駄になります。

また、あらかじめ自分の意見をまとめておけば、
レッスン中にテンパることを防げるのでおすすめです。

 
もちろん予習だけでなく、復習も大事です。

レッスンでは、新しい単語・言い回しを習ったり、
文法・発音の間違いを指摘されます。

その場で覚えたつもりになっても、時間がたつと
ほとんど忘れます。

必ずその日のうちに、習ったことを復習しましょう。

なるべくレッスン直後の方が、記憶がフレッシュなので、
おすすめです。

復習のやり方は人それぞれだと思いますが、
レッスンの内容をノートにまとめておく
あとから何度も復習しやすいですよ。

 

ちなみに、予習復習方法については、こちらの記事でも解説しているので、
参考にされてください。

オンライン英会話の予習・復習の方法を元英語講師が教えます!

 

単語・文法・リーディングの勉強を並行しておこなう

2つ目が、レッスンとは全く別に、
単語・文法・リーディングを自分で勉強する
ことです。

 
英語を上達するには、文法を理解していたり、
なるべく多くの単語・言い回しを知っていることが肝心です。

ところが、レッスンで習う単語・文法だけでは、どうしても不足します。

なので、レッスンとは別に、自分で教材を買うなどして
単語・文法の勉強をすることが重要になってきます。

 
また、リーディングの勉強も忘れてはいけません。

オンライン英会話はリーディング力を高めるのには不向きだからです。

口語と文語は違います。

たとえば、おしゃべりが上手な人が国語の成績が良いか?といわれれば、
そんなことはないですよね!?

同じことが英語にもいえます。

話し言葉と書き言葉は違うので、
英会話のレッスンとは別に、リーディングの勉強をしなければいけません。

 
リーディング力を高めるためには、
簡単な英文でいいので、とにかくたくさん読み込むことです。

中学生の英語の教科書でもいいです。

簡単な英文を読み込むことで、自然に単語・文法が身につく効果もあります。

おすすめです。

 

なるべくレッスンをたくさん受ける

3つ目が、なるべくたくさんレッスンを受けることです。

 
基本的にスピーキングの上達は、話す量に比例します。

自分で単語・文法を勉強し、
予習復習を欠かさずレッスンを受けたとしても、
レッスンの回数が極端に少なければ上達は遅い
です。

忙しくてなかなかレッスンが受けれない…という人もいると思いますが、
最低でも週2回は受けたいものです。

スキマ時間を活用して、なるべく多くレッスンを入れましょう。

 

例外として、初心者はレッスン回数は少なくてもいい

 
例外として、英会話が全くの初めての方や、全然英語ができない方の場合は、
レッスン回数は少なくてもいい
です。

なぜなら、初心者の方は英単語やフレーズをほとんど知らないからです。

英語で何かを伝える時に、そもそも単語を知らなければ、上手く伝えることは
できません。

ですから、初心者の方は、まずは基本的な英単語や日常表現のフレーズを
覚えることに重点をおいた方がいい
と思います。

そのうえでオンライン英会話のレッスンを受けるのが効果的です。

 
初心者の方がレッスンを受ける頻度は月8回くらいでいいと思います。

※レッスン頻度については、こちらの記事に詳しく書いています。

オンライン英会話はどれくらいの頻度で受けるべき?元英語講師が教えます!

 
初心者を卒業したら、レッスンを受けまくりましょう。

そうすれば、レッスンの回数に比例して英語力がぐんぐん伸びます。

 

自分にあった先生・スクールをみつける

4つ目は、自分にあった先生やスクールをみつけることです。

 
先生選びは特に重要ですね。

やはり、どのオンライン英会話スクールでも
講師の質のバラつきが多少なりともあります。

「教え方がわかりずらいな…」と思ったら、
すぐ先生を変えましょう。

教え方に上手・下手はありますし、あなたとの相性もあります。

たとえば、テンションの高い若い先生だと
疲れる人も中にはいるかもしれません。

そのような人は、落ち着いた年配の先生の方があっています。

 
自分にとっての”良い先生”が見つかるまでは、
どんどん講師を変えてかまいません。

そして、良い先生が見つかったら1人に固定するのがいいでしょう。

 
また、先生との相性だけなく、スクールとの相性もあります。

ひとえにオンライン英会話といっても、
予約システム、あつかう教材の種類、サポートの充実度は、
まるで違います。

たとえば、「時間が空いたらすぐにレッスンを入れたい!」という場合、
DMMは開始15分前にしか予約できないのでタイミングが合わないかもしれません。

一方で、レアジョブは開始5分前から予約できるので、
思い立った時にすぐにレッスンを受けることもできます。

わずかな違いですが、人によっては大きな差となります。

各スクールを比較して、
自分にとってピッタリのところを選ぶ
ようにしましょう。

スクール選びについては以下の記事を参考になさってください。

オンライン英会話ランキング | 元英語講師のおすすめはコレ!

 

初心者はフリートークは避ける

話を聞く女性

5つ目は、初心者はフリートークは避けた方がいいということです。

フリートークとは教材を使わずに自由に会話する形式のレッスンですね。

ある程度の英語力がある中級者・上級者であれば、
フリートークに挑戦してもいいでしょう。

しかし、初心者は避けた方がいいと思います。

なぜなら、フリートークは教材を使ったレッスンに比べて難易度が高いからです。

教材を使ったレッスンであれば、
予習をしっかりしておけば、少なくとも講師の言っていることが
全く理解できないことはほとんどないです。

しかし、フリートークであれば、そもそもどのようなことを
話すか予測不可能であるため、わからない単語や表現が続出します。
ですから、講師のしゃべっている内容が理解できないことが増えます。

さらに、フリートークでは、自分が話す時間が長いため、
ある程度スピーキング力がないと厳しい
です。

以上のことから、初心者の方は、フリートークではなく、
教材を使ったレッスンの方がおすすめ
です。

 

間違いを恐れずに、とにかく話す

6つ目が、間違いを恐れずに、とにかく話すことです。

 
日本人はシャイで失敗を恐れる傾向にあります。

ですから、英会話の場面でも、
間違いを恐れて、積極的に話さない人が多いです。

 
このことは、私がカナダで通っていた語学学校で痛感したことでもあります。

学校には南米・ヨーロッパ出身の生徒が多かったのですが、
彼らは文法がめちゃくちゃでも、とにかくよく喋ります。

一方、日本人は授業中に発言しない人がほとんどでした。

その結果、スピーキング力は、おしゃべりな南米・ヨーロッパ出身の生徒の方が
でした。

 
スピーキングは、結局のところ”話す”ことでしか伸びません。

オンライン英会話でも、限られた時間内で
なるべく多くの言葉を発する
ように心がけてください。

たとえば、言いたいことが上手く英語で表現できなくても
「わかりません」と言うのではなく、
1単語でもいいので口に出す練習をしましょう。

頭の中で英文を組み立てる練習をすることも大切ですが、
即座に英語で答える練習をすることも非常に大切です。

この練習を積んでいけば、いずれ
「頭で考える前に自然と英語が口をついてでる」状態になりますよ。

 

オンライン英会話の効果的な受け方 まとめ

最後に、この記事の内容をまとめます。

オンライン英会話の効果的な受け方

  1. 予習・復習をきちんとやる
  2. 単語・文法・リーディングの勉強を並行しておこなう
  3. なるべくレッスンをたくさん受ける
  4. 自分にあった先生・スクールをみつける
  5. 初心者はフリートークは避ける
  6. 間違いを恐れずに、とにかく話す

この中で特に重要なのが

  • なるべくたくさん受ける
  • 間違いを恐れずに、とにかく話す

の2つです。

つまり、話す量を意識的に増やすということですね。

それほど忙しくない場合は、レッスンを受ける頻度を増やす。
忙しい場合でも、限られた時間の中でとにかく話す。
などして、英語を話す量を増やすことです。

根性論になってしまいますが、結局のところ、
英語をしゃべれるようになるには、英語をしゃべりまくるしかありません。

留学して英語が話せるようになるのは、
英語を話さざるをえない環境に身を置いて英語を話しまくったからです。

日本にいては英語を話す機会はめったにないので、
オンライン英会話を大いに活用して英語を話しまくってください。

おすすめのオンライン英会話は、こちらで紹介しています。

オンライン英会話ランキング | 元英語講師のおすすめはコレ!

 

タイトルとURLをコピーしました