TOEIC英単語の覚え方※元英語講師の私がコツを教えます!

TOEIC英単語の覚え方TOEIC対策

どうも。Yosukeです。
私はTOEIC915点を取得し、英会話で講師として働いておりました。

この記事では私がやっていたTOEIC英単語の覚え方を紹介します。

  • TOEICの英単語の効率的な覚え方を知りたい
  • いつも覚えた単語を忘れてしまう…
  • 英単語を覚えるのが苦手!

という方には参考になるはずです。

TOEIC英単語 覚え方のコツは2つ!

POINTマークをかかげる男性

私がやっていたTOEIC英単語の覚え方は
極めてシンプルです。

覚え方のコツは、たった2つだけ。

  1. まずTOEIC頻出単語だけを覚える
  2. 文章中にわからない単語がでてきたら、その都度覚える

では、くわしく説明しましょう。

 

まずTOEIC頻出単語だけを覚える

ステップアップを表す図とペン

私がTOEIC対策で最初におこなったのがTOEIC頻出単語を覚えることでした。

というのも、TOEICでは中学高校では習わない英単語がたくさん登場するからです。

はじめにTOEIC頻出単語をある程度知っておく必要があると考えました。

 
ただし、”超”頻出単語だけに絞りました。

最初に超頻出単語だけを一気に覚えて、
他の単語は問題を解く過程で覚えていくのが効率的だと思ったから
です。

 
私の場合は、問題集の付録についていた単語帳を使いました。

その単語帳は薄い冊子で100個程度しか単語が載っていませんでしたが、
超頻出単語だけに絞られており、使い勝手がよかったです。

その単語帳を1週間くらいかけて暗記しました。

単語帳を使った学習はそれで終わりで、
それ以降は新しい単語帳は買ってません。

 
私は、TOEICでは分厚い単語帳を丸暗記する必要はないと思います。

単語帳一冊をすべて覚えるのは結構、時間がかかります。
そんな時間があるなら1問でも多く問題を解いた方がスコアにつながると思うのです。

問題を解きながら、わからない単語が出てきたら、その都度覚えていけばいいと思います。

 

おすすめの単語帳は?

金のフレーズ表紙

単語帳を買う場合は”出る順”になっているものを選んでください。
その方が使い勝手がいいからです。

たとえば、単語帳として人気の「TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ
なんかがおすすめです

この「金のフレーズ」は

  • 600点レベル400語
  • 730点レベル300語
  • 860点レベル200語
  • 990点レベル100語

という風にレベル別で単語が分類されています。

この場合、600点レベルが最も出る単語ということになります。

ですから、金のフレーズであれば「600点レベル」の単語を覚えるだけで構いません。

730点以降のレベルの単語については覚える必要はありません。
それらの単語は、問題集を解く過程で身につけていけばいいと思います。

 

文章中にわからない単語がでてきたら、その都度覚える

辞書とチェックマーク

次は、単語帳ではなく、
問題集などで文章中にわからない単語がでてきたら、その都度覚えるようにします。

なぜなら、単語は文脈の中で覚えた方が記憶に残りやすいからです。

 
これは私たちが日本語を覚えてきた過程を振り返れば、わかります。

私たちは単語帳で日本語の単語を覚えたわけではありません。
会話の中、あるいは本を読む中で、自然と単語を身につけてきました。

 
英単語を覚えるのも同じです。

単語帳で覚えるよりも、文脈の中で覚える方が自然に身につきます。

問題集や参考書で学習するなかで
知らない単語に出くわしたら、その都度覚えるようにしましょう。

TOEICの問題集や参考書には親切に単語の意味が書かれてあることがほとんどです。
知らなかった単語はマーカーで塗るなどしてチェックしておきます。

もし単語の意味が書かれていなければ、辞書で調べて余白に書き込んでおきます。

 

自作の単語帳を作るのが良い

紙に文字を書く様子

できれば自作の単語帳を作るのがおすすめです。

問題集の解答ページに書き込んでおく方法でも構いませんが、
あとで復習しずらいです。

そこで、小さなメモ帳を買って、そこに知らなかった単語を
どんどん書き込んでいきます。

そうすれば、自分だけのオリジナルの単語帳ができあがり
復習がしやすいです。

私の場合は、英単語と意味だけを記入していましたが、
文を丸ごと記入してもいいでしょう。

 

(例1)英単語と意味だけを記入

survey 調査

(例2)文と発音記号もあわせて記入

survey 調査
[sə́ːrvei]

He is carrying out the survey.
彼はその調査をおこなっている。

 
1文を丸ごと記入した方がよりわかりやすいです。
また、発音記号も一緒に記入した方がリスニングの時に役に立ちますね。

ただ、ここまでするのは正直めんどくさいです(笑)

だから私は、英単語と意味だけを記入するやり方を採用していました。

英単語と意味だけでも十分効果はありますので、
お好きなやり方で単語帳を作ってもらえればと思います。

 

TOEIC英単語の覚え方の注意点とは?

メガネをかけた外国人女性講師

ここからは補足として、TOEIC英単語の覚え方の注意点を説明します。

注意点は4つあります。

  • 1回で完璧に覚えようとしない
  • 書いて覚える必要はない
  • 類義語、対義語も一緒に覚える
  • TOEIC600未満の場合は中学高校の英単語をおさらいする

 

1回で完璧に覚えようとしない

考える女性

1つ目の注意点が1回で完璧に覚えようとしないことです。

忘れることを前提に、何回も繰り返してから暗記すればOKです。

 
よく「私は記憶力がないから…」と卑下される方がします。

しかし、本来、人間はほとんどの記憶を忘れるようにできています。
あれもこれも記憶していたのでは脳がパンクしてしまいますよね。

だからこそ、忘れることを前提に反復学習をするのです。

 
たとえば、自分の電話番号を覚えていない人はいないと思います。
これは電話番号をたずねられる場面が何回もあったことで
自然と覚えたのです。

 
単語学習も同じです。

一発で覚えようとするのではなく、何回も繰り返し学習して
徐々に覚えるようにすればOKです。

 

書いて覚える必要はない

紙に書く様子と×印

2つ目の注意点が書いて覚える必要はないということです。

 
よく単語を何回も紙に書いて覚えようとする人がいます。

スペル(綴り)を覚える目的であれば、間違いではありません。

しかし、TOEIC L&Rテストではライティングの問題はないので、
スペルを書く機会はありません。
ですから、TOEICのスコアをあげる目的としては非効率なやり方だと思います。

単語のスペルを書ける必要はなく、読んで意味が理解できればOKです。
そのために紙に書く必要はないんですね。

実際、私は(自作の単語帳に記入する以外に)英単語を紙に書いたことはありません。

単語のスペルと意味を、目で見て覚えるだけで十分です。

 

類義語、対義語も一緒に覚える

タッチパネルを選ぶ外国人男性

3つ目の注意点が類義語、対義語も一緒に覚えることです。

類義語とは意味が似た単語、対義語とは意味が反対の単語です。

たとえば、このような感じです↓

success(成功) ⇔ failure(失敗)

achievement

success(成功)と似たような意味を持つ単語にachievementがあります。
反対の意味を持つ単語がfailure(失敗)です。
つまり、類義語がachievement、対義語がfailureですね。

このようにして覚えれば、一度に複数の単語を暗記できるので効率がいいです。

また、TOEICでは言い換え表現がよく出るので、その対策としても有効です。

 

TOEIC600未満の場合は中学高校の英単語をおさらいする

REVIEW

4つ目の注意点がTOEIC600未満の場合は中学高校の英単語をおさらいすることです。

 
TOEICを何回も受験しているのにもかかわらず、なかなか600点を突破できない場合、
基礎的な単語が抜け落ちている可能性
があります。

というのも、市販のTOEIC単語帳では、中学高校で習う基礎的な単語は、
当然知っているものとして、載っていないことがほとんど
だからです。

ですから、いくらTOEIC単語帳を覚えても、中学高校の基礎単語が抜け落ちているため、
学習でつまづくことが多くなります。

この場合、一度、中学高校の英単語をおさらいすることをおすすめします。

学生時代に使っていた単語帳があれば、それを復習する。
もしなければ、本屋で中学・高校の学参コーナーで単語帳を買って覚えます。

抵抗があるとは思いますが”急がば回れ”というように、
一度、基礎に立ち戻ってみることも時には大切です。

 

TOEIC英単語の覚え方 まとめ

まとめ

TOEIC英単語の覚え方のコツ

  1. まずTOEIC頻出単語だけを覚える
  2. 文章中にわからない単語がでてきたら、その都度覚える

注意点

  • 1回で完璧に覚えようとしない
  • 書いて覚える必要はない
  • 類義語、対義語も一緒に覚える
  • TOEIC600未満の場合は中学高校の英単語をおさらいする

 
いかがだったでしょうか。

おそらく少し変わった単語の覚え方だったと思います。

大半の人は、分厚い単語帳をせっせと暗記することに精を出しているでしょう。

しかし、私の場合は市販の単語帳を一切使いませんでした。
その代わり、問題集を解く過程で知らない単語を覚えていったのです。

そんなやり方でも最終的にTOEIC915点を取ることができています。

ですから、TOEIC高得点を取るのに分厚い単語帳を丸暗記する必要は
必ずしもない
と思います。

 
それに、単語学習は、あくまで数あるTOEIC対策の1つに過ぎません。

TOEICの勉強時間の大半が単語学習になってしまうと、
肝心の問題演習がおろそかになります。

そういう意味でも、問題集を解きながら単語を覚えていく方法の方が
効率がいい
と思います。

参考になれば幸いです。

 

※ちなみに、以下の記事で私がTOEIC915点を取るまでにやった勉強法を紹介しています。

独学でTOEIC915点を取得した私の勉強法を公開!

あわせて読まれてください。

 

タイトルとURLをコピーしました