ディクテーションの効果的なやり方とコツを教えます!

ディクテーションのやり方とコツ英語の勉強法

どうも。
元英語講師のYosukeです。

私は昔、リスニング勉強のためにひたすらディクテーションをやっていました。
そのおかげでTOEIC915点を取得し、英語講師になれました。

この記事では私がやっていたディクテーションの効果的なやり方を紹介します。

  • ディクテーションの効果的なやり方を知りたい
  • ディクテーションのコツや注意点を知っておきたい

という方は、ぜひ参考にされてください。

ディクテーションの効果的なやり方とは?

ディクテーションのやり方

私は昔、ディクテーションばかりしていた時期があります。
いろいろと試行錯誤をしてたどりついた最も効果的なやり方を紹介しましょう。

私が考えるディクテーションの効果的なやり方は、以下の通りです。

ディクテーション

  • 1回目のリスニング:ディクテーションをせずに音声を聞くだけ
  • 2回目のリスニング:音声を紙に書き取る
  • 3回目のリスニング:もう一度音声を聞いて、紙に書き取る

答え合わせ

  • 正解の英文と自分の書き取りを照らし合わせて、答え合わせをする
  • わからなかった部分・間違えた部分の原因を分析する
  • 再び音声を聞く
  • 音読をする

 
では、くわしく説明します。

 

【ステップ1】3回音声を聞いて紙に書く

紙に文字を書く様子

ディクテーションでは何回音声を聞いたらいいのか?
迷うと思います。

私は3回聞くのがいいと思います。

1回だけだと難しすぎます。
無制限に聞いてもいいことにすると、リスニングの集中力が落ちます。

3回くらいがちょうどいいです。

 
やり方は以下の通り。

  • 1回目のリスニング:ディクテーションをせずに音声を聞くだけ
  • 2回目のリスニング:音声を紙に書き取る
  • 3回目のリスニング:もう一度音声を聞いて、紙に書き取る

まず1回目のリスニングでは、何も書き取らずにただ音声を聞きます。
この時、ざっくり何を話しているのか?把握するといいでしょう。

次に2回目のリスニングではじめて音声を紙に書き取ります。
この時、音声が早すぎるからといって一時停止しないようにしてください。
自分ができる限りで書き取れればOKです。

最後に3回目のリスニングでは、再び音声を聞き、書き取りをおこないます。
(同じく一時停止せずに聞きます。)
2回目のリスニングで聞き取れなかった箇所を集中的に聞くといいでしょう。

3回聞き終わったら、答え合わせにうつります。

 

【ステップ2】答え合わせをする

資料をみて考える女性

ディクテーションが終わったら答え合わせをします。
やり方は以下の通りです。

  • 正解の英文と自分の書き取りを照らし合わせて、答え合わせをする
  • わからなかった部分・間違えた部分の原因を分析する
  • 再び音声を聞く
  • 音読をする

 
まず正解の英文と自分の書き取りを照らし合わせて、答え合わせをします。

全く書き取れなかった箇所、あるいは書き取れたけど間違えた箇所を
洗いざらしにします。

ここで大事なのが、できなかったところをそのままにしないことです。
なぜできなかったのか?原因をしっかり分析しましょう。

※ディクテーションができない原因について以下の記事でくわしく解説しています。

ディクテーションできないのは、なぜ?原因は4つある!

 
できなかった原因がわかったら、再び音声を聞いてみます。
すると、聞き取れなかった部分がはっきり聞こえるようになっている
ことに驚くでしょう。
(これこそがディクテーションの効果です。)

最後に、音読をします。
英文を見ながら声に出します。

音読することで学んだことがしっかり定着します。
面倒かもしれませんが、効果は抜群なのでおすすめです。

 

ディクテーションの効果的なやり方 まとめ

ディクテーション

  • 1回目のリスニング:ディクテーションをせずに音声を聞くだけ
  • 2回目のリスニング:音声を紙に書き取る
  • 3回目のリスニング:もう一度音声を聞いて、紙に書き取る

答え合わせ

  • 正解の英文と自分の書き取りを照らし合わせて、答え合わせをする
  • わからなかった部分・間違えた部分の原因を分析する
  • 再び音声を聞く
  • 音読をする

 
以上がディクテーションのやり方でした。

では、次に、ディクテーションをするうえでのコツをお伝えします。

 

ディクテーションのコツは4つ!

ディクテーションのコツ

ディクテーションをするうえでのコツは4つあります。

  • スペルは間違えてもいい
  • 冠詞やコンマなど細かい部分は無視してかまわない
  • 音声を途中で一時停止しない
  • やさしすぎず難しすぎない素材を選ぶ

 

スペルは間違えてもいい

外国人女性講師のOKサイン

1つ目はスペルは間違えてもいいことです。

ディクテーションでは英単語の正確な綴りを書く必要はありません。

たとえば、フォーエナー(外国人)のスペルがわからなかったとして、
forenerととりあえず適当に書いてもかまいません。
(ちなみに正解はforeignerです。)

あとで答え合わせをする時にフォーエナー(外国人)と聞き取れたと
確認できればそれでいいのです。

ディクテーションの最大の目的は、自分が聞き取れない箇所を特定することにあります。
正確なスペルを習得することではないはずです。

ですから、スペルを間違えるのを恐れずに、とりあえず書いてみることをおすすめします。

 

冠詞やコンマなど細かい部分は無視してかまわない

OKサインを出す女性

2つ目は冠詞やコンマなど細かい部分は無視してかまわないことです。

たとえば、I have an idea.(私には考えがある。)という音声を聞いて、
I have idea.と書き取ったとします。

厳密にいえば、冠詞のanが抜けているわけですから間違えです。

しかし、音声の内容を理解するうえでanはさほど重要ではありません。
ですから、この場合、冠詞をいれるのを忘れていたとしても、
あまり気にしなくて結構です。

,コンマが抜けていたなどのミスも同様です。

ディクテーションは、英作文の添削ではありません。
目的はリスニング力を高めることですから、
細かい部分は気にしすぎずに、やってもらえればとおもいます。

 

音声を途中で一時停止しない

×印のサインを出す外国人女性

3つ目は音声を途中で一時停止しないことです。

ディクテーションをやっていると、
音声が早すぎて聞き取れずに一時停止したくなる時があります。

しかし、ここで音声を止めてはいけません。

仮に早口でまったく聞こえなかった部分があっても、
2回目3回目のリスニングでは聞き取れるかもしれません。
あるいは、前後の文から推測できるかもしれません。

そのような可能性があるので、一時停止せずに通しで聞く方がいいです。

 
もし3回以上聞いてほとんど内容を理解できない場合や、
全体的に音声が早すぎると感じた場合は、音声素材が自分のレベルに合っていない
です。
つまり、難しすぎるのです。

そのような場合は、音声素材のレベルを下げることをおすすめします。

 

やさしすぎず難しすぎない素材を選ぶ

考える女性

4つ目がやさしすぎず難しすぎない素材を選ぶことです。

さきほど言いましたように、3回以上聞いても内容が理解できない音声は
難しすぎる素材だといえます。
そのような素材でディクテーションをつづけても苦痛になって挫折するだけです。

難しすぎると判断したら、勇気をもってレベルを下げてください。

 
だからといって、やさしすぎる音声も良くありません。

やさしすぎると、全部正解してしまうので、
ディクテーションをやる意味がなくなります。

やさしすぎず難しすぎず、自分のレベルにあった音声素材を選ぶことが大切です。

 

ディクテーションのおすすめ素材は?

ディクテーションのおすすめ素材

ディクテーションで使う音声素材について説明しておきます。

 
ディクテーションは基本的に英語の音声と英文の2つがあれば、できます。

ですから、CDにスクリプト(原稿)がついていればディクテーションできますし、
映画やニュースでも英語字幕が表示できればディクテーションできます。

ただし、初心者の方がいきなり洋画をディクテーションするのは酷ですし、
自分のレベルにあった素材でやることが大事です。

 
ディクテーションのおすすめ素材は、レベル別に分けて3つあります。

  • ディクテーション専用の問題集(初心者向け)
  • TOEICのリスニング問題(中級者向け)
  • 海外ドラマ(上級者向け)

 

ディクテーション専用の問題集(初心者向け)

ゼロからスタート英語を聞きとるトレーニングBOOK

英語初心者レベルの方におすすめなのがディクテーション専用の問題集です。

出版数は少ないですが、ディクテーションのための参考書や問題集が
いくつかあります。
これらの本は解説がくわしいので、はじめてのディクテーションには
ぴったりです。

特におすすめなのが「ゼロからスタート英語を聞きとるトレーニングBOOK」と
究極の英語ディクテーション」の2冊ですね。

 
ゼロからスタート英語を聞きとるトレーニングBOOK」は、
短文穴埋め問題からはじまり、それから全文ディクテーションへと
徐々にレベルアップしていける問題集となっています。
英語の音の変化についても解説しており、全くの初心者でも取り組みやすい本となっています。

 
究極の英語ディクテーション」もおすすめです。
解説がくわしく、聞き取れない原因を徹底的に掘り下げることができます。
内容も全体的にやさしいので、初心者におすすめです。

 

TOEICのリスニング問題(中級者向け)

中級者レベルの方におすすめなのがTOEICのリスニング問題です。

TOEICはビジネス英語ですが、リスニングに関してはそこまで難解ではなく、
中級者レベルのディクテーション素材として最適です。

また、TOEICの問題をディクテーションすることでTOEICのスコアアップも狙えます。
まさに一石二鳥です。

TOEICのリスニング問題はPART1からPART4までありますが、
はじめはPART2の応答問題だけをやるといいです。
PART2の問題は短文なので、ディクテーションするのに時間と労力がかからないからです。

PART3と4についてはアナウンスが長いので、全文をディクテーションするのは
少し大変になります。

ですから、はじめはPART2をやり、力がついたらPART3と4をやるといいと思います。

 

海外ドラマ(上級者向け)

外国人グループ

上級者レベルの方におすすめなのが海外ドラマです。

海外ドラマだと、ネイティブの生の英語をディクテーションできます。
市販の問題集のCDでは物足りない人には、ぴったりの素材です。

海外ドラマは無数にありますが、おすすめは

  • フルハウス
  • フレンズ

この2つです。

 
フルハウス
画像出典元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81ssI3RhFaL._AC_SL1500_.jpg

フルハウスは知っている方は多いと思います。
昔、NHK教育テレビで放送されていましたし。

難解な専門用語は登場せずアメリカ人の日常会話がメインなので、
ディクテーション素材に適しています。

 
海外ドラマのフレンズ

フレンズも割と有名な海外ドラマですね。
フルハウスと同じくアメリカ人の日常会話なので、
素材としてはぴったりです。

 
ちなみに、他の海外ドラマ、たとえばサスペンスやSFものだと、
特殊なシチュエーションをあつかっているため英語学習には向いていないものが多いです。

 

まとめ

まとめ

ディクテーションのやり方

  • 1回目のリスニング:ディクテーションをせずに音声を聞くだけ
  • 2回目のリスニング:音声を紙に書き取る
  • 3回目のリスニング:もう一度音声を聞いて、紙に書き取る
  • 正解の英文と自分の書き取りを照らし合わせて、答え合わせをする
  • わからなかった部分・間違えた部分の原因を分析する
  • 再び音声を聞く
  • 音読をする

ディクテーションのコツ

  • スペルは間違えてもいい
  • 冠詞やコンマなど細かい部分は無視してかまわない
  • 音声を途中で一時停止しない
  • やさしすぎず難しすぎない素材を選ぶ

 
いかがだったでしょうか。

ディクテーションのやり方で特に大事なのがリスニングは3回までにすることと、
ディクテーションできなかった原因をしっかり分析することです。

リスニングの回数を無制限にしてしまうと、リスニングに対する集中力がなくなります。
それに、何回も聞いて聞き取れなかったら苦痛になるはずです。

ですから、リスニングは3回までと回数を区切るのがおすすめです。

また、答え合わせをして終わりではなく、できなかった原因を
しっかり分析することも大切です。
ディクテーションできなかったところこそが自分の弱点だからです。
なぜできなかったか?を必ずつきとめましょう。

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

 

スピーキング対策にはオンライン英会話がおすすめ

check!

ディクテーションの効果は主にリスニング力を高めることにあります。
残念ながら、スピーキング力アップにはつながりません。

 
スピーキング対策ならオンライン英会話がおすすめです。

オンライン英会話とはインターネットを通じて受ける英会話レッスンです。

ネットさえ繋がれば自宅でもどこでも受けられますし、
何より普通の英会話に比べてはるかに安いのが魅力です。

以下の記事で私おすすめのオンライン英会話を紹介していますので、
興味があればチェックされてみてください。

オンライン英会話ランキング | 元英語講師のおすすめはコレ!

 

タイトルとURLをコピーしました