【独学可】英語のスピーキング勉強法を元講師が教えます!

スピーキングの勉強法英語の勉強法

どうも。元英会話講師のYosukeです。

英会話で働いていた私がこう言うのはアレですが、
スピーキングは英会話に行かなくても独学で伸ばせます!

もちろん英会話にいくのも効果的ですが、
もっと安上がりに勉強する方法もあるんです。

この記事では、元英会話講師の私がおすすめのスピーキングの勉強法を紹介します。

  • スピーキングはどうやって勉強すればいいかわからない…
  • スピーキングが苦手!
  • お金をかけずに独学で英会話を上達したい

という方には参考になるはずです。

日本人がスピーキングが苦手な2つの理由

×印を掲げる女性

スピーキングの勉強法を紹介する前に、
日本人がスピーキングが苦手な理由を説明します。

スピーキングができない原因を知らなければ対策の立てようがありません。
まずはできない原因を知ってから、後半で紹介する勉強法を実践されてください。

そもそも、なぜスピーキングが苦手なのか。
理由は2つあります。

  • アウトプット不足だから
  • 失敗を恐れているから

 

アウトプット不足だから

インプットとアウトプット

1つ目はアウトプット不足だからです。

いいかえるなら、英語を話す機会が少ないということですね。

 
英語学習にはインプットとアウトプットがあります。

たとえば、インプットは単語を覚えたり文法を学ぶこと
アウトプットは覚えた単語と文法をつかって英作文をしたり話すことです。

スピーキングはアウトプットですから、
勉強法もアウトプットがメインでなければいけません。

つまり、たくさん英語を話す練習をしなければいけない
ということです。

いくら単語と文法の知識が豊富でも、英語が話せるようになるわけではありません。
自分が知っている単語と文法を駆使して”話す練習”をしなければ、
いつまでたっても英語を話せるようにはなりません。

にもかかわらず、ほとんどの人は英語を話す機会がないと思います。

英会話教室に通っているとしても、せいぜい週1回程度でしょう。
(しかもレッスン中に自分が話せる時間は短い。)

圧倒的にアウトプット量が足りていません。

だから英語が話せなくて当然なんです。

 

失敗を恐れているから

手を頬に当てながら、考える女性

2つ目の理由が失敗を恐れているからです。

日本人の場合、授業で積極的に自分から発言する人は少数です。

  • 間違った英語を話してバカにされるのではないか…
  • 下手な英語をさらすのが恥ずかしい…

このような心理があるのか、自分から話す人は少ないです。

これは私がカナダで留学した時に感じました。

留学先の語学学校では、ヨーロッパや中南米出身の人は
授業中に自ら進んで発言をしていました。
一方で、日本人は全く発言していませんでした。

日本人の場合、せっかく英語を話す機会があっても、
失敗を恐れて話さない人が多いようです。

結果的にアウトプット不足になり、
一向に英語が話せるようにならない
のだと思います。

 
以上、まとめると、日本人は

  • そもそも英語を話す機会が少ない
  • 話す機会があっても失敗を恐れて話さない

このようにしてアウトプット不足になっているのが
スピーキングができない理由です。

 

スピーキングの勉強はアウトプットを重視しよう

メガホンを持った女性

スピーキングが苦手なのはひとえにアウトプット不足が原因です。

ですから、スピーキングの勉強はアウトプット重視にするのが鉄則です。

意図的に英語を話す機会を増やしたり、
英語を声に出す練習をすることが大切です。

イメージとしては

インプット2割 : アウトプット8割

これくらいの割合で勉強するといいでしょう。

では、具体的な勉強法を紹介します。

 

スピーキングの勉強法 おすすめは4つ!

4本指を出すポーズ

おすすめのスピーキングの勉強法は4つあります。

  • 日常会話フレーズの暗記
  • 音読をする
  • 外国人の友達をつくる
  • オンライン英会話を受ける

 

日常会話フレーズの暗記

赤ペンでチェックを入れる

1つ目が日常会話フレーズの暗記です。

スピーキングの勉強はアウトプットがメインとはいえ、
インプットが不足していたのでは効果は半減
します。

たとえば、Hello!とThank you.くらいしか知らない方が
ビジネス英語をペラペラ話す姿は想像できないですよね!?

特に初心者レベルの方は、知っている単語や表現の量が不足しています。

ですから、まずは日常会話フレーズの暗記からはじめることをおすすめします。

 
英会話でよく出てくる表現というのがあります。

たとえば、

  • What’s up?(調子どう?)
  • what do you do?(仕事は何してる?)
  • Way to go!(よくやった!)

など

これらの表現は、全く知らなければ、
単語力・文法力があるとしても何を意味するのかわからないと思います。

英会話を学ぶには、まずこういった頻出表現を覚えることが重要です。

といっても、最初に覚えるべき日常会話フレーズはそれほど多くはありません。
せいぜい100個くらい覚えればいいのではないでしょうか。

本屋にいけば、このようなフレーズ集がたくさんあります。

本屋に行き、自分の好みを1冊選べばいいと思います。

ただ、なるべくフレーズ数が少ないものがいいですね。
あまりに数が多いと挫折します。

はじめからたくさん覚えるのではなく、
まずは最頻出のフレーズに絞って暗記する
のがいいです。

その他のフレーズについては、話す練習をしながら
徐々に身につけていけばいいと思います。

 

音読をする

英語で書かれた本

2つ目が音読をすることです。
英文を声に出して読むことですね。

たかが音読と思うかもしれませんが、声に出すだけで
学習効果は全然違います。

音読することで、リーディング力だけでなく、
発音とイントネーションが身につきます。
結果的にスピーキング力向上につながるのです。

単語の勉強でもリーディングの勉強でもリスニングの勉強でも、
音読を取り入れるだけでスピーキング力UPになります。

まさに一石二鳥の勉強法です。

 
注意点としては、必ず音声付きの教材を使って音読することです。

音声がなければ、自己流で発音することになり、
正しい発音とイントネーションが身につかないからです。

必ずネイティブの音声が聞ける英文を使って音読しましょう。

 

外国人の友達をつくる

外国人グループ

3つ目は外国人の友達をつくることです。

 
スピーキングの練習をするには、やはり外国人と話すのが一番です。

外国人と話すには英会話スクールに通うのが手っ取り早いですが、
レッスン料が高いのが難点です。

しかし、外国人の友達をつくれば無料で話し放題なので、
スピーキング上達にはうってつけです。

 
外国人の友達をつくるには色々なやり方がありますが、
私のおすすめは国際交流パーティーに参加することです。

国際交流パーティーには日本人と仲良くなりたい外国人が多数参加しているので、
友達作りに向いています。

私も国際交流パーティーに参加して外国人の友達がたくさんできました。
そのおかげで英語を話す機会が増え、スピーキングが上達したと思っています。

 
ただし、デメリットとして、
地方にお住いの方は外国人の友達をつくるのは難しいです。

地方だと国際交流パーティーなどのイベントがないですし、
そもそも英語を話す外国人の人口が少ないです。

ですから、地方にお住いの方には向いていません。

 

オンライン英会話を受ける

ヘッドセットをつけた女性

4つ目がオンライン英会話を受けることです。

オンライン英会話とはネットで受けられる英会話のことです。
いつでもどこでもレッスンが受けられ、料金が格安なので、
いま非常に人気です。

どれくらい安いのか?というと、
普通の英会話スクールが1レッスンあたり約1,200円するのに対して、
オンライン英会話は1レッスンあたり約250円
です。

しかも、普通の英会話が生徒が複数いるグループレッスンなのに対して、
オンライン英会話はワンツーマンのプライベートレッスン
です。
ですから、当然、話せる時間はオンライン英会話の方が圧倒的に長いです。

コスパは最強といえるでしょう。

 
私はオンライン英会話をはじめてから飛躍的にスピーキング力があがりました。

外国人の友達とおしゃべりするのもいいですが、
ちゃんとしたレッスンを受けた方が学習効率があがります。

文法や発音の間違いを指摘してくれたり、
より自然な表現を教えてくれるので、グングン上達します。

スピーキング力を効率的に伸ばしたい人には非常におすすめです。

 
オンライン英会話については以下の記事でくわしく解説していますので、
あわせてチェックされてください。

オンライン英会話ランキング | 元英語講師のおすすめはコレ!

 

まとめ

まとめ

スピーキングの勉強法のおすすめ

  • 日常会話フレーズの暗記
  • 音読をする
  • 外国人の友達をつくる
  • オンライン英会話を受ける

 
まとめると、

  • まず(初心者の方は)日常会話フレーズの暗記をする
  • 次に、外国人と友達を作ったりオンライン英会話を受けるなどして話す練習をたくさんする
  • スピーキング以外の英語の勉強では音読を取り入れる

 
特に大事なのが、話す練習をたくさんすることです。

冒頭でいいましたように、スピーキングはアウトプットが大事です。
いくらたくさんフレーズや単語を覚えたところで、
使う機会がなければ、話せるようにはなりません。

 
また、英会話は”会話”ですから相手ありきになります。

「英語で独り言をする」というスピーキングの勉強法もあります。
効果が全くないとはいいませんが、
やはり外国人相手に話す練習をすることには及ばないでしょう。

スピーキング上達には意図的に外国人と話す機会を増やすことが肝心です。

一番のおすすめはオンライン英会話です。

格安で英会話レッスンをたくさん受けられるので、
短期間でスピーキングが上達することも可能です。

以下の記事でおすすめのオンライン英会話を紹介していますので、
興味がある方はチェックしてみてくださいね。

オンライン英会話ランキング | 元英語講師のおすすめはコレ!

 

タイトルとURLをコピーしました