TOEICのメリットは5つある!900点超えの私が解説します

TOEICのメリットは?TOEIC対策

どうも。Yosukeです。

私は昔、英語講師をしていました。
TOEICのスコアは915点です。

そんな私がTOEICのメリットについて
くわしく説明します。

  • TOEICを受けるメリットはあるの?
  • TOEICで高得点を取得すると、どんなメリットがあるの?

という方は参考にされてください。

さらにTOEICのデメリットについても説明しますので、
あわせてチェックされてください。

TOEICのメリットは5つ!

メリット

TOEICのメリットは5つあります。

  1. 就職・転職に有利!
  2. 仕事で使える英語が身につく
  3. 自分の英語力を数値化できる
  4. 高得点をとると周りから一目置かれる
  5. 学習のモチベーションになる

 

就職・転職に有利!

階段をあがるビジネスマン

1つ目のメリットは就職・転職に有利なことです。

 
TOEIC運営団体である「国際ビジネスコミュケーション協会」の資料によれば、
採用時にTOEICのスコアを参考にしている企業は69%あるとされています。

採用時にTOEICスコアを参考にする企業の割合データ
引用元:http://www.iibc-global.org/library/default/toeic/official_data/lr/katsuyo_2013/pdf/katsuyo_2013.pdf

 
つまり、約7割の会社がTOEICを何らかの形で採用の判断材料にしている
ということです。

 
実際、多くの有名企業がTOEICを採用の条件にしています。

以下は、求職者にもとめるTOEICのスコアを公表している企業の一覧です。

TOEIC600点代

  • ANA 600点
  • 日本IBM 600点
  • 大和ハウス工業 600点
  • 大正製薬 600点
  • アサヒビール 650点

TOEIC700点代

  • ファーストリテイリング 700点
  • 武田薬品工業 730点
  • 東京海上日動 730点
  • ソフトバンク 730点
  • 日産自動車 750点

TOEIC800点代

  • 楽天 800点
  • 住友不動産 800点
  • NTTコミュニケーションズ 850点
  • 野村ホールディングス 860点
  • 富士通(海外出張) 860点

TOEIC900点代

  • 三菱東京UFJ銀行 900点
  • サムスン 900点
  • パナソニック(国際広報担当) 900点

これらの企業の他にも、必要なTOEICのスコアを明示している企業は、
たくさんあります。

 
特に以下の業種はTOEICのスコアを求められる傾向にあります。

  • 外資
  • 商社
  • 航空
  • 旅行代理店
  • 金融
  • 大手メーカー
  • その他英語が必要な職種

また、最近では、英語が直接関係ない業種でもTOEICが必要となるケースが増えています。
将来の海外進出をみすえて英語ができる人材を確保したいとの考えからでしょう。
楽天なんかが典型例ですね。

 
以上のように、

  • 企業の7割がTOEICのスコアを採用の判断材料に使っている
  • 英語が必要な業種はもちろん、それ以外の業種でもTOEICが求められるケースが増えている

ということでした。

 
TOEICで高得点を取れば、就職・転職では必ずプラスになることはたしかです。

では、具体的にどのくらいの点数を取れば有利になるのでしょうか。

目安としては、

  • 一般企業であれば600点以上
  • 英語が必要な職種であれば800点以上

これくらいのスコアを取れれば、就職・転職で有利になります。

 

仕事で使える英語が身につく

外国人ビジネスマンたち

2つ目のメリットがTOEICを勉強すると仕事で使える英語が身につくことです。

 
中学高校で習う英語は英文解釈や文法ばかりで
必ずしも実用的とはいえません。

一方、TOEICの内容は実用的なビジネス英語
たとえば、

  • 電話応対
  • メールのやり取り
  • 英文のウェブサイトの読解

などビジネスの場面で使う英語を意識しています。

ですから、TOEICを学習すれば、そのまま仕事で使える英語力に
直結する
のです。

仮に高得点を取れなかったとしても、学習したことは
決して無駄になりません。

 

自分の英語力を数値化できる

5段階評価をかかげる男性

3つ目のメリットが自分の英語力を数値化できることです。

 
英語を勉強していると、
自分がいまどのくらいの英語力があるか?気になるものです。

TOEICを受験すれば、現在の自分の英語力が数値としてわかります。

英語力に自信がない人でも意外と高得点を取れるかもしれませんし、
反対に英語が得意な人でもあまりいい点数を取れないかもしれません。

自分の英語力を知りたい人にはピッタリなテストといえます。

 
また、TOEICは英語力を数字として証明するものとして役に立ちます。

たとえば、いくら留学経験がある人でも英語ができるとは限りません。
履歴書に「1年間アメリカに留学していました」と書いても、
それほど評価されないでしょう。

しかし、履歴書にTOEIC900点と書けば、人の見る目は変わります。
英語ができる人として評価されるはずです。

以上のように、
自分の英語力を数値として客観化できるのがTOEICのメリットです。

 

高得点をとると周りから一目置かれる

respect

4つ目のメリットが高得点をとると周りから一目置かれることです。

 
私はTOEIC915点とってから周りの目が変わったと実感しています。

「英語できるんだ!」
「すごい!」
「頭いい」
といったことを急に言われるようになったのです。

TOEICを受けるまでは周囲からの私のイメージは”勉強も仕事も大してできない人”でしたが、
TOEIC915点とってからは”勉強も仕事もできそうな人”になりました(笑)
周囲の評価が全く変わりました。

TOEIC高得点を取るだけで一目置かれる存在になったのです。
これはかなり大きなメリットだと思っています。

 

※ちなみに、私がTOEIC915点を取るまでにしていた勉強法を
以下の記事で公開しています

【TOEIC対策】独学で900点超を取得した私の勉強法を公開!

興味がある方はチェックされてみてください。

 

学習のモチベーションになる

ガッツポーズをする女性

5つ目のメリットが学習のモチベーションになることです。

TOEICで高得点をとると

  • 就職転職が有利になる
  • 周りから一目置かれる

といったわかりやすいメリットがあります。

こういったメリットがあるので、英語を勉強しつづける
大きな原動力となります。

 
また、TOEICだと目標を明確にできるので、モチベーションにつながります。

たとえば、「将来、英語ができるようになる!」という目標では
漠然としすぎていて、やる気を維持できないかもしれません。

しかし、「TOEICで800点を取る!」という目標なら、
目標が明確なので、やる気が長続きする
ことでしょう。

TOEICは

  • わかりやすいメリットがある
  • 目標を明確にできる

ということから英語学習のモチベーションにつながるのです。

 

TOEICのデメリットは3つ!

デメリット

TOEICにはメリットだけでなくデメリットもあります。
デメリットは3つです。

  1. スピーキング力・ライティング力は測れない
  2. いくら高得点を取っても英語が話せるようにはなるわけではない
  3. 実力が期待以下だったらガッカリされる

 

スピーキング力・ライティング力は測れない

資料をみて考える女性

1つ目のデメリットがスピーキング力・ライティング力は測れないことです。

 
TOEICには「TOEIC L&R」と「TOEIC S&W」の2種類があります。
L&Rがリスニングとリーディングの試験
S&Wがスピーキングとライティングの試験です。

一般的にTOEICの試験とは「TOEIC L&R」を指すことが多いです。

TOEIC L&Rではリスニング・リーディングの試験ですから、
スピーキング力・ライティング力は測れません。

これがデメリットの1つです。

 

いくら高得点を取っても英語が話せるようにはなるわけではない

考える女性

2つ目のデメリットがTOEICで高得点を取っても
英語が話せるようにはなるわけではない
ことです。

 
さきほど言いましたように、TOEIC L&Rはリスニングとリーディングだけの試験です。
スピーキング力とライティング力は測れません。

ですから、いくらTOEIC高得点を取得している人でも英語が話せるわけではないのです。

 
私はTOEIC915点を取得したのちにカナダに留学したことがあります。

一応TOEIC900超えだったので英語力には自信があったのですが、
現地では英語がうまく話せずに苦戦しました。
しまいには”英語が話せない日本人”という烙印を押されてしまいました。

私のようにいくらTOEIC900点を超えていても英語が話せるとは限らないのです。

 
英語を話せるようになるには、TOEICの勉強とは別にスピーキングの勉強をする必要があります。

 

※ちなみに、以下の記事でスピーキングの勉強法を紹介しています。

英語のスピーキング勉強法を元英会話講師が教えます!

 

実力が期待以下だったらガッカリされる

難しそうな顔をする中年男性

3つ目のデメリットは実力が期待以下だったらガッカリされることです。

 
あなたはTOEIC900点超えというと、どのようなイメージがあるでしょうか。

  • 英語がペラペラ
  • 頭がいい
  • 仕事ができそう

そんなイメージを抱く人が多いと思います。

しかし、必ずしもTOEIC900点超えの人が
英語が話せるわけではありませんし、頭脳明晰で仕事ができるわけではありません。

想像していたイメージと違うと、がっかりされることがあります。

 
私はTOEIC915点というのが評価されて、会社に試用期間つきで採用されたことがあります。

ただ、会社の期待とは裏腹に、私は業務をうまくこなせずに、
上司からがっかりされました。
それで最終的に試用期間で契約を切られてしまいました。

 
一般的にTOEIC高得点というと、かなり期待をされることが多いです。
しかし、期待を裏切らない実力がなければ失望されてしまうので注意が必要です。

 

TOEICのメリットとデメリット まとめ

まとめ

TOEICのメリット

  • 就職・転職に有利!
  • 仕事で使える英語が身につく
  • 自分の英語力を数値化できる
  • 高得点をとると周りから一目置かれる
  • 学習のモチベーションになる

TOEICのデメリット

  • スピーキング力・ライティング力は測れない
  • いくら高得点を取っても英語が話せるようにはなるわけではない
  • 実力が期待以下だったらガッカリされる

 
メリットとデメリットを比較すると、メリットの方が上回ります。

たしかに、TOEICはスピーキング力を測れないことから、
高得点を取っても英語が話せることにはなりません。
そのため、周りから期待外れに思われることがあります。

しかし、スピーキングについては、オンライン英会話などで対策すれば
問題ない
と思います。

オンライン英会話はレッスン料が非常に安く、
1レッスン200円程度で受けることができます。
(また英作文の添削をしてくれるところもあります。)

※オンライン英会話については以下の記事で紹介していますので、
チェックされてみてください。

オンライン英会話ランキング | 元英語講師のおすすめはコレ!

 
オンライン英会話などをTOEICの勉強と同時並行でやれば、
実質、デメリットはほぼ解消される
でしょう。

 
TOEICは社会的評価が非常に高いテストです。
就職、転職はたまた昇進にも影響します。
TOEICのスコア次第で生涯年収が変わることだってあるでしょう。

TOEICを勉強するメリットは大いにあると思いますよ。

タイトルとURLをコピーしました