【TOEIC対策800】たった2か月で615→820点を取った勉強法

TOEIC820点の証明書TOEIC対策

どうも。Yosukeです。

私はTOEICを初受験した時は「800点以上を取るのは難しいし時間がかかるだろう」と
思っていました。(初受験のスコアは615点)

しかし、実際には、たった2か月間の勉強でTOEIC820を取れてしまったのです。
自分でもビックリしました。

ちなみに、私はスクールにも通っていませんでしたし
通信講座も受けていませんでした。
完全に独学です。

この記事では2か月でTOEIC820点を取った勉強法を公開します。
参考にされてください。

たった2か月でTOEIC615→820点を取った勉強法とは?

英語で書かれた本

では、私がTOEIC615点から820点取得までにやったこと
紹介します。

大きく分けて3つあります。

  • ディクテーションをやる
  • 解説がくわしいTOEIC参考書で学習
  • 自作の英単語帳を作る

 

ディクテーションをやる

紙に文字を書く様子

1つ目がディクテーションです。

ディクテーションとは聞こえてきた音声を文字に書き起こす作業のことです。

たとえば「ワッチョアネイ?」と聞こえたら
「What`s your name?」と書きます。
(紙に書く以外に、パソコンでタイピングする方法でも構いません。)

ただ聞こえてきた音声の文字起こしをするだけです。

 
私はディクテーションをやってからTOEICのリスニング問題は
9割を超えるようになりました。

リスニング力を高めるのに非常に効果的だと思っています。

 
私の場合、TOEICの全ての音声をディクテーションするのは大変だと思ったので、
間違えた問題だけをディクテーションしていました。

問題を間違えた原因は、音声を正確に聞き取れなかった可能性が高いです。

ですから、間違えた問題は音声をもう一度聞いて紙に書いていました。

すると案の定、紙に書いた英文とスクリプトの英文が違っていることに気づきます。

紙に書いた英文とスクリプトを比較して、
どこが聞き取れていないか?をつきとめます。
そして、再び音声を聞きます。

改めて音声を聞くことで音声と英文が正しくインプットされます。

 

※ディクテーションのやり方については以下の記事でくわしく解説しています。

ディクテーションのやり方とコツを元英語講師が教えます!

 

解説がくわしいTOEIC参考書で学習

ひらめきマークと本

2つ目が解説がくわしいTOEIC参考書を使った学習です。

 
TOEIC公式問題集だと解説が薄く、
理解を深めるのには向いていません。

最初の段階では、公式問題集ではなく、
もっと解説がくわしい参考書で勉強するのがおすすめ
です。

たとえば、このような本ですね。

普通の問題集に比べて、解説がめちゃめちゃ詳しいので、
最初の1冊に向いています。

この本じゃなくても、本屋で手に取って、
自分がわかりやすいと思ったものを選ぶといいでしょう。

 
800点を取れていない段階では、ひたすら問題演習をするより、
解説がくわしい参考書でじっくり勉強する方がいい
です。

公式問題集で問題を解きまくるのは、本番直前だけでいいと思います。

というのも、公式問題集などは解説が薄いからです。

解説が薄いと「なぜ間違えたか?」理解できずに終わる可能性が高いです。

間違えた原因がわからないまま、たくさん問題を解くのは
あまり効率的ではありません。

もちろんTOEIC900以上や満点を目指すレベルであれば、
ひらすら問題を解きまくるやり方でいいと思います。

しかし、TOEIC800点を目指すレベルであれば、
解説がくわしい問題集でじっくり勉強する方がおすすめです。

 

自作の英単語帳を作る

英単語のイメージ

3つ目が自作の英単語帳を作ることです。

 
TOEICの単語学習といえば、市販のTOEIC頻出単語帳を
買って覚えるのが一般的です。

しかし、私は市販の単語帳は一切使わず、自作の単語帳だけで
単語を覚えていました。

自作の単語帳を作るのは簡単で、
TOEICの問題を解いていてわからなかった単語を
メモ帳に書き込んでいくだけ
です。

例文などは書かずに、
ただ英単語と日本語訳だけを書いていました
ね。
非常にシンプルなものです。

私の場合、TOEICだけでなく、
見ていた海外ドラマも含め、わからない英単語はすべて記録していました。

そうすれば、自分が知らない単語だけが載ったオリジナルの単語帳が出来上がります。

この自作単語帳を、スキマ時間に眺めて暗記していました。

 

※TOEICの単語の覚え方については以下の記事でくわしく説明しています。

TOEIC英単語の覚え方※元英語講師の私がコツを教えます!

 

TOEIC615点から820点取得までにやった勉強法 まとめ

  • ディクテーションをやる
  • 解説がくわしいTOEIC参考書で学習
  • 自作の英単語帳を作る

以上3つがTOEIC615点から820点取得までにやった勉強法でした。

 
今思えば、リスニング重視の学習
ディクテーションばかりしていた記憶があります。
(リーディング対策も全くしてなかったわけではありませんが。)

TOEICはリーディングよりもリスニングの方が
スコアアップしやすい
ので、このようなやり方で結果的によかったと思っています。

おかげでリスニングに関しては9割近く取れるようになりましたし。
先にリスニングを仕上げたことで、リーディング対策にも余裕をもってのぞめました。

あとリーディングを仕上げれば900点は目前というレベルまで到達しました。

 

※TOEIC915点を取るまでの勉強法は以下の記事に書いています。

【TOEIC対策】独学で900点超を取得した私の勉強法を公開!

 

TOEIC800点対策におすすめの参考書・問題集

ひらめきマークと本

TOEIC800以上を目指す方におすすめの参考書・問題集を紹介します。

TOEIC800対策に特におすすめなのが以下の3冊です。

  • はじめてのTOEIC L&Rテスト 全パート総合対策
  • TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ
  • 公式TOEIC Listening & Reading 問題集

 

はじめてのTOEIC L&Rテスト 全パート総合対策

この参考書は、とにかくわかりやすいです。

各パートごとに攻略法や解き方のコツを解説しており、
初心者の方でも取り組める内容になっています。

私はいろいろなTOEIC関連の本を買いましたが、
この本が群を抜いてわかりやすかったです。
さすがベストセラーなだけあります。

いろいろな本に手を出すより、この本を何回も復習した方が効率いいと思いますね。

この本と公式問題集だけでもTOEIC800点は十分狙えます。

 

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ

私の場合は、市販の単語帳は買わずに、自作の単語帳を
つくって単語を覚えていました。

しかし「やはり市販の単語帳で覚えたい」という人もいるでしょう。

そこで単語帳のおすすめを1冊紹介しますね。

おすすめは「TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ」です。

この単語帳のいいところはレベル別になっているところです。
600点レベル、730点レベル・・・というように
目標スコア別に単語が載っています。

 
私のおすすめの使い方は、
まずは600点レベルの単語だけを覚えて、
あとは問題集を解きながら単語を覚える
ことです。

単語帳にのっている単語は全部で1000語もあるので、
いきなり全部覚えようとすると挫折します。

まずは最頻出単語だけを覚えて、あとは問題演習をとおして
知らない単語を少しずつ覚えていくのが効率的だと思います。

 

※TOEICの単語の覚え方については以下の記事を参考にされてください。

TOEIC英単語の覚え方※元英語講師の私がコツを教えます!

 

公式TOEIC Listening & Reading 問題集

TOEIC運営団体が出版している問題集です。
いわゆる「公式問題集」とよばれるものです。

本番とそっくりな試験が2回分収録されています。

TOEICを受けるのであれば必ず買っておくべきです。

なぜなら、公式問題集が最も本番に近い内容だからです。

これ以外にも模試や問題集はたくさんありますが、
本番とは内容もレベルも微妙にズレているものがほとんどです。
そのようなもので問題演習をしても効率的とはいえません。

本番さながらで演習をするなら、公式問題集が一番です。

 

  • 価格が高い
  • 解説があっさりしている

というのが欠点ですが、それでも買う価値はあります。

最低でも1冊は買って、本番前に解きましょう。

 

TOEIC800点は難しくない!

OKサインを出す女性

いかがだったでしょうか。

  • ディクテーションをする
  • 自作の単語帳をつくって覚える

など、一風変わった勉強法だったかもしれません。

私の勉強法は必ずしも万人向けとは限りませんので、
あくまで1つの参考としてとらえてもらえると幸いです。

ネットにはTOEIC800点を取る勉強法が他にもたくさん書かれていると思います。
いろいろな勉強法の中から自分にあったものを選ぶのが一番でしょう。

 
最後にこれだけは言わせてください。

TOEIC800点は決して難しくありません

現に、私は2か月で615点から820点取れていますし。
特別に猛勉強したわけでもありません。

TOEIC800点は努力すれば誰でも取れるものだと思っています。

 
難しいのはTOEIC900点です。

私はTOEIC800点はあっさり取れたのですが、900点を突破するのに苦労しました。

以下の記事で、TOEIC900点を突破するまでにやったことを
書いていますので、あわせてチェックされてください。

【TOEIC対策】独学で900点超を取得した私の勉強法を公開!

 

TOEIC対策
オンライン英会話ランキング2020 | 元英語講師のおすすめはコレ!
タイトルとURLをコピーしました