【どっち】レアジョブとDMM英会話を比較!元英語講師がすすめるのは…

オンライン英会話お役立ち情報

この記事では、元英語講師である私がレアジョブとDMM英会話を比較し、おすすめを紹介しています。

  • レアジョブとDMM英会話、どっちがいいか?迷っている
  • どっちが自分に向いているか?知りたい

という方はチェックされてください。

 
結論から言えば、私のおすすめはレアジョブです。

 
レアジョブとDMM英会話を比較するにあたり

  1. 料金プラン
  2. 講師
  3. 教材・カリキュラム
  4. 予約のしやすさ
  5. サポート体制
  6. 通信の安定度

の6つの項目をチェックしました。
その結果、総合的にレアジョブの方が優れていると判断したのです。

では、1つ1つチェックしていきましょう。

レアジョブとDMM英会話の料金プランを比較

¥マークとスマホ

料金プランについては

  • レアジョブの方が安いプランがある
  • コスパはDMMの方がやや良い

ということになります。

では、くわしく比較しましょう。

 

基本コースを比較

 レアジョブDMM英会話
月8回プラン4,620円----
毎日1レッスンプラン6,380‬円6,480円
毎日2レッスンプラン10,670‬‬円10,780円
毎日3レッスンプラン----15,180円
毎日4レッスンプラン17,600‬円----

※すべて税込み。
※1レッスン=25分。

 
レッスン料は、毎日1レッスンコースで比較した場合、
レアジョブが6,380‬円、DMMが6,480円となっており、
レアジョブが100円安いです。

毎日2レッスンコースで比較した場合は
レアジョブが10,670‬円、DMMが0,780円となっており、
レアジョブが110円安いです。

毎日レッスンを受けるコースでは、
ほぼ金額は同じですが、わずかにレアジョブの方が安いです。

 
さらに、レアジョブには月8回の安いプランがあります。

DMMは毎日1レッスンで月6,480円のコースからしかありませんが、
レアジョブでは月8回で4,620円のコースがあります。

月8回プランだと、1レッスンあたりのコスパは悪くなりますが、
少しでも安くはじめたい人にはピッタリでしょう。

また、忙しくて少ししかレッスンを受けられない人にも、
レアジョブの月8回プランは向いています。

 

ビジネスコースを比較

 レアジョブ(ビジネス英会話コース)DMM英会話(スタンダードプラン)
毎日1レッスン10,780‬円6,480円

※すべて税込み。
※1レッスン=25分。

 
次に、ビジネス英会話をみていきましょう。

単純に料金だけを比較すれば、
DMM英会話の方が安いです。

 
ただ、質が全然違います。

レアジョブはビジネス英会話コースという専用コースがあります。

ビジネス英語専用のカリキュラムを用意し、
講師も特に能力が高い人を採用しています。

一方で、DMMにはビジネス専用のコースはありません。

通常のコースの中で、ビジネス英語も学習できる仕組みになっています。

一応、ビジネス英語の教材もあることはありますが、
充実度ではレアジョブに劣ります。
講師の質も劣ります。

質の高さでいえば、レアジョブに軍配があがるでしょう。

 

子供向けコースを比較

レアジョブDMM英会話
3,122円~9,953円(週1~週5レッスン)6,480円(1日1レッスン)

※すべて税込み。
※1レッスン=25分。

 
レアジョブにはリップルキッズパークという子供向けのオンライン英会話を
別に用意しています。

一方で、DMMは、通常のプランの中に子供向けコースが組み込まれています。

レアジョブの方が子供に特化したコースがあるので、
質が高い
です。

それを踏まえたうえで料金を比較すると、

  • レアジョブ(リップルキッズパーク)の方が安いプランがある
  • 1レッスンあたりのコスパはDMM英会話の方が良い

です。

 
DMMは毎日1レッスンのプランしかありませんが、
レアジョブ(リップルキッズパーク)には週1回のプランからあります。

週1回で月3,122円となっており、DMMよりレアジョブの方が安いです。

 
ただ、1レッスンあたりのコスパはDMMの方がよいです。

レアジョブ(リップルキッズパーク)は
週1回だと月3,122円ですが、週5回だと9,953円もします。

一方でDMMは週7回(毎日)で6,480円です。

たくさんレッスンを受けさせたいなら、DMMの方が安くなります。

 
ちなみに、レアジョブには中学高校生専用のコースもあります。

レアジョブの通常プランと特に大きな違いはなく、
料金は毎日1レッスンで月10,780円となっており、やや割高になっています。

 

レッスンチケットを比較

 レアジョブDMM英会話
1枚660円500円
6枚3,300円(1枚550円)-----
11枚-----5,000円(1枚455円)
13枚6,600円(1枚508円)-----

※すべて税込み。
※1チケットで1レッスン受講可能。

 
レッスン回数の上限を超えて追加でレッスンを受けたい時は、
レッスンチケットを購入する必要
があります。

たとえば、「毎日1レッスンプランだけど、今日は時間が空いてるから2回受けたい!」
という場合は、チケットを買えば、2回受けることもできます。

 
チケットの値段は、1枚だと
レアジョブが660円、DMMが500円と、DMMが安いです。

また、まとめて買うと1枚あたりの値段が安くなりますが、
まとめて買う場合でも、やはりDMMが安いです。

 

どちらも入会金なし

 
入会金は、どちらも無料です。

教材代も通信料もかかりません。

退会する時にお金を取られることもありません。

レッスン料以外に費用は一切かからないということですね。

 

レアジョブとDMM英会話の講師を比較

眼鏡をかけた外国人女性

どちらも同じくらい講師の質は良いです。

違うのは講師の国籍で、
レアジョブが全員フィリピン人なのに対して、DMMは多国籍な講師がいます。

 

講師の質は同じ

 
講師の質はどちらも同じです。

レアジョブもDMMも、講師の採用試験の合格率は1%~5%であり、
厳しい審査にパスした講師だけを選んでいます。

実際、口コミでは講師の質が良いという声が多いです。

 
ただ、どちらも講師の質にバラつきがあるのは事実です。

講師の数が多いですから、ある程度仕方ありません。

すっごく良い先生もいれば、(少数ですが)イマイチな先生もいます。

レアジョブにしてもDMMにしても、
人気講師のレッスンは争奪戦になるのは覚悟した方がいいです。

 

フィリピン人のレアジョブ、多国籍なDMM

 
レアジョブとDMM英会話の講師の国籍は、違います。

レアジョブはすべてフィリピン人ですが、
DMMはフィリピンのほかに、英米、東欧、アフリカなどの
さまざまな国籍の人がいます。

 
英語は国際語であり、世界中に英語を話す人がいます。

さまざまな国のアクセントに慣れることも
リスニングのうえでは重要です。

また、講師が多国籍だと、いろいろな国の話が聞けて
面白いというメリットもあります。

いろいろな国の人と話してみたい人は、多国籍な講師がいるDMMがいいでしょう。
(※DMMにはアメリカ・イギリスなどのネイティブもいますが、
ネイティブ講師の場合は、料金が高額になるので注意してください。)

 
ちなみに、DMMにはバイリンガルの日本人講師もいます。

「いきなり外国人講師のレッスンは不安。。」という人は
日本人講師を指定できるDMMが向いています。

 

【補足】講師の検索システムを比較

 
良い先生を見つけるには、講師の検索システムが重要になります。

レアジョブとDMM、どちらの検索システムが優れているか?といえば、
DMMの方が優れています。

なぜなら、DMMには講師への評価とレビューが載っているからです。

講師へのレビュー(DMM英会話)

 
生徒はレッスン後、講師を5段階で評価できるようになっています。

高評価が多ければ良い先生、反対に低評価が多ければ悪い先生だと
判断できます。

また、講師へのレビューもあります。

「人柄がよかった」「わかりやすかった」
「やる気が感じられなかった」「教え方が雑だった」などといった
生々しい口コミが掲載されているので参考になります。

 
DMMでは、このように講師の口コミを見れますが、
レアジョブでは見れません。

事前に講師の評判をチェックできるという点で、
DMMの方が優れている
といえます。

 
その他に細かい違いとしては以下のようなものがあります。

 レアジョブDMM英会話
年齢検索年齢を細かく指定できる(ex.25歳~27歳の先生)年代を指定できる(ex.20代の先生)
職業検索ありなし
日本語対応の検索あり(日本語の能力別に検索可能)なし
講師の自己紹介動画なし(音声のみ)あり

まずどちらも男女の性別で指定できます。

ただ、年齢に関してはレアジョブが1歳刻みで細かく指定できるのに対して
DMMは年代別でざっくりとしか指定できません。

自分と同年代の先生を探す場合などはレアジョブの方が便利ですね。

 
また、レアジョブは先生の職業で検索できるのに対して、
DMMはできません。

たとえば、IT関係の仕事で英語を使う必要がある人は、
システムエンジニアなどの職業の先生から英語を教わった方が実践的なことが学べます。

専門的な英語を学びたい場合は、先生の職業を指定できるレアジョブの方が便利です。

 
さらに、レアジョブでは日本語ができる先生を探すことができます。

一方のDMMは日本語対応で検索できませんが、
その代わり、日本人講師を指定することができます。

細かい部分では、レアジョブの方が優れている印象です。

しかし、それでも、DMMは講師への評価が見られるという大きなメリットがあるので、
総合的にはDMMが勝っています。

DMMの方が良い先生を見つけやすいといえるでしょう。

 

レアジョブとDMM英会話の教材・カリキュラムを比較

積み上げられた本

教材とカリキュラムを比較します。

レアジョブとDMMを比較した時、

  • 教材の種類はDMMが多い
  • DMMの教材の方が初心者にわかりやすい
  • カリキュラムはレアジョブが良い

ということになります。

 

教材の種類はDMMが多い

 
教材の種類はDMM英会話が多いです。

 
DMM英会話の教材

  • デイリーニュース
  • 会話
  • 写真描写
  • 健康とライフスタイル
  • 旅行と文化
  • ビジネス
  • キッズ英語
  • 世界の文学
  • 文法
  • 発音
  • 語彙
  • テーマ別会話
  • ディスカッション
  • スピーキング
  • IELTSスピーキング対策
  • TOEICスピーキングリアル模試
  • TOEFL iBTスピーキング
  • 英検対策
  • 公式ケンブリッジIELTガイド
  • エレメンタリーリーディングシリーズ
  • Let`s Go
  • Side by Side
  • シーン別に本当に使える実践ビジネス英会話
  • 瞬間英作文
  • Grammar in Use
  • Speak Now
  • Passport
  • iKnow!

 
ざっと28種類はあります。

 
一方のレアジョブは、以下の通りです。
 
レアジョブの教材

  • スターター
  • 実用英会話レベル3
  • 実用英会話レベル4
  • 実用英会話レベル5
  • 実用英会話レベル6
  • 実用英会話レベル7
  • 実用英会話レベル8
  • 日常会話基礎
  • 会話教材初級
  • 会話教材中級
  • 会話教材上級
  • トラベル英会話
  • BEGINNER NEWS ARTICLE
  • DAILY NEWS ARTICLE
  • ビジネススターター
  • 発音教材
  • 文法教材 初級
  • 文法教材 中級
  • TOEIC教材 初級
  • TOEIC教材 中級
  • TOEFLスピーキングレッスン

 
ざっと21種類あります。
(レベル別に教材を分けているので、
大枠としては10種類になりますが。)

DMMが28種類ですから、DMMより
教材の数では劣ります。

 

DMMの教材の方が初心者にわかりやすい

 
教材の質については、どちらも同じです。

ただ、DMMの方が初心者にはわかりやすいと思います。

 
レアジョブの初心者向け教材はこちらです↓

 
レアジョブの初心者向け教材1

レアジョブの初心者向け教材2

 
このように、英語だけのテキストで日本語訳はついていません。

 
一方のDMMの初心者向け教材はこちらです↓

 
DMM英会話の初心者向け教材1

DMM英会話の初心者向け教材2

DMM英会話の初心者向け教材3

 
全部、日本語訳が載っています。

さらに、はじめに単語とフレーズのチェックがあります。

初心者の教材ではDMMの方がわかりやすいです。

 
ただ、中級者・上級者の教材では、どちらもあまり変わりません。

中級者・上級者には日本語訳は必要ないですし、
シンプルなテキストの方が向いています。

DMMも上級者向け教材には日本語訳はついていないので、
レアジョブとほとんど変わらない印象です。

 

カリキュラムはレアジョブが良い

 
教材はDMMの方がやや上ですが、
カリキュラムについてはレアジョブの方が良いです。
(ちなみに、カリキュラムとは簡単にいえば”学習プラン”のことです。)

 
レアジョブのカリキュラム表

 
このようにレベル別・分野ベルに細かくカリキュラムが作られています。

レアジョブでは最初にレベルチェックをおこなって、
英語力をはかります。

そして自分のレベルにあわせたカリキュラムで学習を進めていくことができます。

カリキュラム通りに学習することで、
一切無駄がない効率的な学習ができます。

 
一方のDMMにはカリキュラム自体がありません。

自分でテキストを選んで自分で学習を進めていく必要があります。

もちろんテキストはレベル分けしていますが、
自分で学習の進め方を決めるのは、やや不安ではないでしょうか。

特にDMMは教材の数が多いだけに、
どの教材で学習すればいいのか?迷うと思います。

ちょっと不便ですよね。

カリキュラムについては、レアジョブが圧勝です。

以上、

教材とカリキュラムを比較した場合

  • 教材の種類はDMMが多い
  • DMMの教材の方が初心者にわかりやすい
  • カリキュラムはレアジョブが良い

ということでした。

 

レアジョブとDMM英会話、予約のしやすさを比較

予約

予約のしやすさでは、レアジョブがやや上です。

 
レアジョブもDMMも講師数が多いので、
講師を選り好みしなければ、全く予約が取れないことはありません。

どちらも予約は取れます。

 
では、なぜレアジョブの方が予約しやすいか?というと、
レアジョブはレッスン開始5分前に予約できるからです。

たとえば、13時からレッスンを受けたい場合、
12時55分に予約できるということです。

思い立った時に、すぐにレッスンを受けれるので、
かなり便利です。

 
一方のDMMは、レッスン開始15分前からしか予約できません。

ちょっと時間が空いた時にレッスンを受けようと思っても、
少なくとも15分後にレッスンの空きがないと予約できないので、
不便です。

レアジョブの方が予約しやすいといえます。

 
ただし、DMMにも長所はあります。

開講時間はDMMの方が長いです。

レアジョブは6時~25時の時間帯ですが、
DMMは24時間開講しています。

24時間開講しているので、
DMMは深夜・早朝でも予約できるというメリットがあります。

 

レアジョブとDMM英会話のサポート体制を比較

support

サポート体制はレアジョブの方が一歩上です。

レアジョブもDMMも、日本人によるカウンセリング
受けることができます。

カウンセリングの内容は、学習プランの説明や学習相談などがあります。

カウンセリングの時間はレアジョブが15分、
DMMが10分で、あまり変わりません。

ただし、DMMはカウンセリングが初回1回のみなのに対して、
レアジョブは継続的にカウンセリングを受けることが可能
です。

追加費用(月額1,078円)はかかりますが、
しっかりサポートしてもらいたい場合はレアジョブがいいですね。

 
なお、問い合わせは、どちらも24時間メールで受け付けているほかに、
スカイプ通話で問い合わせることもできます。

 

レアジョブとDMM英会話、通信の安定度を比較

ヘッドセットをつけた女性

通信の安定度は、どちらも変わりません。

通信方法は、
レアジョブはスカイプまたはレアジョブ独自の通信システム
いずれかを使って通話します。

DMMもスカイプまたはDMM独自の通信システムいずれかです。

通信環境はどちらも整備されており、大差ありません。

最終的に、通信の安定度は講師の環境次第です。

レアジョブもDMMも、講師がオフィスからレッスンをおこなうことはまれで、
ほとんどが自宅からレッスンをおこないます。

講師の自宅のインターネット環境が悪かったら、接続が途切れたりします。

あるいは、講師の周囲の雑音が大きければ、音声が聞こえづらくなります。

となると、結局は、相手の環境次第で通信の安定度が左右されます。

ですから、どちらも当たり外れがあると思った方がいいでしょう。

 

結論:レアジョブの方がおすすめ

指をさすスーツの男性

  • 料金:レアジョブが上(レアジョブの方が安いプランがある)
  • 講師:DMMが上(レアジョブは全員フィリピン人だが、DMMは多国籍。また、DMMは講師の口コミを見ることができ良い先生を見つけやすい)
  • 教材・カリキュラム:互角(教材の種類はDMMが多いが、カリキュラムはレアジョブが優れている)
  • 予約のしやすさ:レアジョブが上(レッスン開始5分前に予約できるレアジョブの方が便利)
  • サポート体制:レアジョブが上(継続的にカウンセリングを受けられるレアジョブの方が優れている)
  • 通信の安定度:互角(どちらも講師の環境による)

 
比較した結果、総合的にレアジョブが上回りました。

結論として、おすすめはレアジョブということになります。

一番の理由は、レアジョブの方が安くはじめられることです。

レアジョブもDMMも、細かい違いはありますが、
どちらも同じくらいクオリティは高いです。

たとえば、「講師はDMMが上」としていますが、
これはDMMの方が多国籍の講師がいるから上という意味です。
講師の質はレアジョブもDMMも大差ありません。

しかし、料金設定が違います。

レアジョブが月4,620‬円からはじめられるのに対して、
DMMは月6,480円からしかありません。

初めての方は「最初は安くはじめたい!」と思っている人が多いでしょうから、
安いプランのあるレアジョブの方がおすすめ
なんです。

 
また、他の理由としては、
レアジョブの方がカリキュラムとサポートがしっかりしていることが挙げられます。

初めての方は、どうやって勉強すればいいかわからないと思うので、
学習プランを用意してくれるレアジョブが向いています。

 

  • レアジョブの方が安くはじめられる
  • レアジョブの方がカリキュラムとサポートがしっかりしている

以上の2つの理由から私はレアジョブをすすめします。

 

 

タイトルとURLをコピーしました